<< バニラアイス改良編「アイスクリーム(気持ちヨーグルト)」 | main | 卵黄を加熱したタイプのアイスクリーム >>

隠れ家工事「東側の部屋の開口部」


リビングが南向きで、
その北側に、洋間がふたつ、東西にあります。
(東西の部屋の仕切りが、互い違いに
 押し入れになっていたから、当初、洋間じゃなくて、
 畳のお部屋だったのかもしれませんが)

洋間ふたつのうちの東側の部屋の入り口、
もとは、ガラスの入ったレトロな引き戸だったところを
はずして、
作りつけの棚+ドア にする、その棚の部分ができました。


棚のこっち側に、ドアがつきます。
ドアは、
既製品じゃなくて、
作ってもらいます。

それが↓下の画像にある、図面。


天井までの棚とドアがセットになってる、
西側の部屋の開口部もおんなじ作りになります。

http://abehideaki.blog87.fc2.com/blog-entry-524.html



コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 22:05 * comments(1) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

この建物は傾いたと言うより「歪んだ」のでしょうね・・・
梁と思った箇所が間柱・・・
確かめてはいませんが、筋交も入っていないと思われます。
バラ板を組んで、斜めの剛性をとっていました。
良く言えば、そこだけ2×4住宅と同じ理屈です。
大昔のコストダウン方法なのですね。
既にボロボロでしたけどね・・・

で・この棚とドアは筋交の代わり。
背板が構造用合板です。
軽量鉄骨を使ったキッチンの壁には、スレートと木サイディングを貼ります。
これが更に建物の補強になります。

まぁ、開けてびっくりの連続ですが、覚悟していたので何とでもなりますよ。
Comment by Lot @ 2012/06/19 11:59 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ