<< 「チーズ巻き、発芽玄米のご飯パン」レシピ | main | ギフトセット >>

隠れ家の桜とポスト


楽しみにしていた隠れ家の桜は、
ゴールデンウィークの真っただ中、あっというまに満開になって、
翌日の雨と風で散ってしまった

満開の桜は、
息子を連れてランチに行ったたいらさんのお店の駐車場から
遠目に見ただけで、

写真を撮ることもなく、

気が付いたら、葉桜になって、
落ちた花びらが、舗装されてない家の前の土に、
絨毯のように敷き詰められて、

工事に来ていた、フジオ社長の車と、たいらさんの車の屋根を
ピンクに染めていた。



うちの玄関を入るとその狭いスペースに、棚が2か所、あったはず。



あれ?ここ、棚、無かった??

「ああ、あれは、はずして、ポスト作りました。
 純子さん、郵便受け欲しいって言ってたでしょう?」

「簡易ポストですよ、(ちゃんとイイの、作ります)」

(期待して楽しみに待ってるよ、予算無いの、知ってるもんね、ごめんね)


すごぉい!玄関の棚板で、ポスト作ってくれたんだぁ!

さぁて。。。。。。使い勝手どおかな?
レターパック、入るかな?
よりも、ハガキ、入ったの、出せるかな?
それよりも、郵便物、届くかな。。。。枝番無いのよ、この家。隠れ家だもん。




コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 08:54 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

本当に隠れていますからね。
ガス会社の営業マンが「そんなところに店舗なんてないですよ・・・」って連絡して来て・・・
「だから店舗じゃねえって初めから言ってるだろ!」

でも、会ったら良い人でした。
幸いです。
Comment by Lot @ 2012/05/12 8:44 PM
Lotさん
 電気、ガス、水道。。
 あと、光も必須ね。
 
Comment by cottontulip @ 2012/05/13 12:32 PM
Lotさん
 ポスト、直していただけたらうれしいのだが。
Comment by cottontulip @ 2012/05/13 12:33 PM
はい。
赤くしておきました。
ポストらしいです。
Comment by Lot @ 2012/06/18 12:20 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ