<< 湯通しワカメとビンチョウマグロ、ジェノベーゼソース和え | main | 冷凍スコーン生地で焼いたスコーン >>

アロニアヨーグルトのバターケーキ、その後



バターケーキ、というのは不思議だ。

焼いて、2日目の朝では、さほど美味しいと思えなかった
 不味くはないけど、さほど??で、どうしようかなぁ、状態だったのに、

3日目の夜、

 「え? もしかして美味しい?」

と感じる、味の変化。


入ってるのかどうかわかんない存在だったヨーグルトと
クリームチーズが、
前に出てきた。
ちゃんと甘みも持ち合わせている。

なんとなくシャリシャリしていたアロニア果実も馴染んできた。
漬けていたラム酒が染み出てまわりに影響を与えている?

ドライフルーツは、だから、時間をかけてじっくりとお酒に漬けておくんだな。
アルコール度の高いお酒と、
レモンで、保存料をいれなくても保存性が高まる。

最近は特に思う。
ケーキ作りは科学だな。


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * アロニアとハスカップ・ベリー * 09:06 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

私も、今ヨーグルトケーキ開発中です。
シンプルにヨーグルトだけにするか何か混ぜるか・・。
越谷だと何を入れようかなぁ?
Comment by Ray @ 2012/03/02 10:55 AM
Rayさん
越谷だと。。。いちご?くわい?さつまいも?
Comment by cottontulip @ 2012/03/05 10:46 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ