<< ヴァージンスコーンは「レモンのハート型スコーン」 | main | 札幌 美しが丘ドルチェヴィータの「マドレーヌ」 >>

緑色の有精卵

札幌、白石区東米里(ひがしよねさと)の卵生産者さんから、
たまごを提供していただきました。

提供・・・・(^。^)ニュアンス、違う?

「欲しい、欲しい、ください、ください!」って
わたしがしつこくラブコールを繰り返したものだから、


しょうがないなあ、って
くださいました(^_^.)


だって、「カラが緑色なんだよ」って聞いたら、
見てみたい、食べてみたい、作ってみたいに決まってるじゃないですか。

40個、いただきました。ありがとうございます。


でね、
箱、開けるとホントに緑色の卵でした。
上にのってる2つの白いのは、うちにあった、ふつうにスーパーで買った卵です。
比べると、小さいし、カラ、固いし
翌朝、卵焼きを作った残骸の卵の殻です。
緑色、わかりますか?
暗めに撮ったほうが、緑色、とばないで写りますかね?


この卵と
コットンチューリップのコラボで、
プレミアムなお菓子を作りたい、

試作を始めました。


どんなのがいいかなあ。


自己主張が強い卵で、
まだ誰もお菓子に使ってないんだって。


とりあえず、きのうの深夜、
マドレーヌを焼いてみたんですよね。

今ごろおうちで
静かに卵・粉・バター・お砂糖がどうやって美味しくなりましょう、って
相談してるんじゃないかと思います。

帰宅して、試食するのが楽しみです。

今日はカステラでも焼こうかなあ。って考えていたら、
「アレルギーの子供でも食べられるプリンも考えてね」って
メールがきました。
配合飼料を使って無いので、卵アレルギーでも大丈夫な場合があるそうです。
だったら、それってすごいことじゃない?

プリンかぁ、ぷりんネぇ、
もう頭がいっぱいです。



それから、この卵の商品名も考え中です。
お肌に良い卵だそうです。
女ごころをくすぐる、プレミアムなネーミング考えてね、だって。

ううううううう〜ん、
何がいいかなあ_?
楽しいなあ。

JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * 有精卵みどり・アロウカナ×アスナロ * 11:55 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

いつも安い卵しか食べてないから
きっと美味しいんだろうね
Comment by n @ 2012/01/24 7:24 PM
nさん
わたしも、です。
いつも日曜の朝、特売で1パック95円。お一人様1パック限り!っていうのを2回並んで2パック買います(^_^.)
 この緑色の有精卵、2日続けて卵焼きにしてみましたけど、
味、っていうんじゃないみたいです。
白身に力がある、そういう印象です。
Comment by cottontulip @ 2012/01/25 2:39 AM
え・あのどすけべとメールアドレスを交換したのですか!
返信、めちゃめちゃ早いでしょう?
それが当方からのメールだと半日後だったりもします。

この卵の長所短所は彼も判っています。
今まで上手く商品化が出来たのは、隣の石丸シェフだけなのですよ。
彼の場合は思考錯誤も事前の検討もなしでした。
殻を割るまで、中も緑だと信じていました。
もちろん信じる根拠はありません。
天然素材に拘る彼は、人格も天然なのです。
Comment by Lot @ 2012/01/28 10:36 AM
Lotさん、
「どすけべ」って・・・・(^_^.)
このブログさ、カレシだって見るんだからさ、発言には気をつけてよね、
Lotさんだって、どすけべの仲間じゃんねえ(^◇^)
Comment by cottontulip @ 2012/01/28 6:30 PM
自分は彼の様に、カウントダウンパーティーに出掛けて若いコをナンパしたりなどしません!
Comment by Lot @ 2012/01/29 3:09 PM
Lotさん、
しないでください。←若い子ナンパ
Comment by cottontulip @ 2012/01/29 8:47 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ