<< しっとりふわふわ腰高のスポンジケーキ | main | この時期に「北海道産いちご」の生ショートケーキ >>

マルメロの砂糖煮


おはり子ちゃんに、マルメロをもらいました。
「とってもいい香りで芳香剤代わりに部屋に置いてたんだけど、
コレって、ジャムができるんだって、ジャム、作るならあげるよ」だって。

ジャムかあ(^_^.)

煮つぶしてしまうのは、もったいないような気がして、

形が崩れない厚み、5〜7ミリ巾のくし型に切って、
お砂糖で作ったシロップで煮ました。
 砂糖煮、というと、おばあちゃんっぽい? 
 洒落ていうなら「コンポート」かな、そう、マルメロのコンポートです(^^)v


生のマルメロは、
柔らかい木の板のような、ボケたリンゴのような食感で、
味は、酸味が強い、酸味が強すぎて味がわからないレモンのような(^_^.)

種周辺に、ものすごいペクチンを持っていて、
それは、
よくある化粧品の、「ヒアルロン酸原液」のようなヌルヌル感。

種と皮だけ別に煮て、そのペクチンを濾しとったものに
お湯とお砂糖を足して、煮る。

焦げないように気をつかいながら
1時間も煮ると、こんな、
真っ赤な色になる。

りんごのコンポートみたいに煮崩れない、
固いまま、甘酸っぱく煮上がる。

ジャムにするなら、煮る前か後かどちらかで、
フードプロセッサで必要なら裏ごし、だろうな。


さあ、これをどう使う?
ヨーグルトにトッピングで食べちゃう、じゃ余りにも芸がないものね、
なにかお菓子に加工しますね、
お楽しみに。


※「マルメロ」と「カリン」の違いについては、
「長野県果樹試験場」の「知って納得コーナー」に
「カリンとマルメロの違い」の説明があります。
http://www.alps.pref.nagano.lg.jp/nftes/


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * マルメロ・カリン * 05:28 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

ほ〜 
マルメロの酸味が強いことも知りませんでした(^^;)
一時間も煮るなんて・・・やっぱり私には向いていません
コットンさんにさし上げて正解ですわ〜
お疲れまでした。
どんなお菓子に変身するか楽しみにしております。
Comment by おはり子 @ 2011/11/15 7:26 AM
おはり子さん、
面白いね〜、マルメロ。
まず最初に「カリメロ?」って聞きかえす人がほとんど。
頭に卵の殻はのせてません!ってね。

栗も、美味しく煮えてますよ。
栗は、どんなお菓子が食べたいです?茶碗蒸しとか言わないでね(*^_^*)
Comment by cottontulip @ 2011/11/15 8:36 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ