<< ひとり試食会 | main | プラムとプルーンのタルト >>

北海道産なたね油と「ロースト林檎とデーツのマフィン」


もしかしたら、乳製品と、卵がダメ、って方にも
食べてもらえるかもしれない。
「リンゴとデーツのマフィン」です。
ふっかふかな食感で、美味しいです。が、

もしかしたら、なたね油の独特な風味が
好き嫌いを分けるかもしれません。

生地に砂糖を使わず、国産ハチミツ(レンゲ)を使ってますが、
林檎をローストした時に、お砂糖とラム酒を使ってたり、



デーツは大丈夫かもしれないけど、


リンゴもアレルゲンだし、
米粉を使ってるけど、薄力粉も、アーモンドプードルも使ってるし。

ほんとに使ってないのは、卵と牛乳だけど、
いつもは、ガンガン使ってる、調理器具を使いまわしてるし。

だから、
完璧アレルギーフリーとは言えない、言えないまでも、少しは配慮、って感じなので
普段、わたしが焼くケーキが食べられない人の中に、
これなら大丈夫、って人がいてくれたら、ウレシイ。



今日一番にアップした「ひとり試食」の日記に登場した、
「北海道産なたね油」のボトルだけど、

これは、ウソ〜〜。こんなデブちゃんじゃない。もっとほっそり。
上から見下ろして撮ったら、まんまるに太って写ってしまった。

北海道産米粉は、倶知安の会社のもの。
 市販の米粉の中じゃあ、粒子も細かくなめらかでわりと「お菓子」向き。
米粉を使うと、重たくなりがちだけど、これはサックリいく。

国産ハチミツはもらいもの。そのうち、「札幌産ハチミツ」を使ってみようと
思っておりますが、なかなか手に入らず。

↓下の「なたね油」のボトルの写真が正解。細身でまっすぐ直立。


マフィンはふかふかのもっちりしっとり系。
ローストリンゴで、酸味は残り、水っぽさ無く、
たいへん美味しくできました。

朝ごはんにちょうど良い。



JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * りんご * 11:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ