<< 栗の渋皮煮のタルト | main | アロニアの砂糖漬け >>

「リンゴのロースト」と「ドライりんご」


お日様が当たっている・・・・・・まずい(>_<)

ほうら、
やっぱり、皮の色、せっかく昨日まで日陰で綺麗な赤だったのに、
お日様が当たったから、くすんだ茶色になってしまった。
重なって、日が当たらないとこは、綺麗な赤。


皮を剥いて干したのは影響なし。


オーブンでローストしたリンゴ、
全部使い切れるわけが無いので、のこり、上の写真のように
ドライりんごにしました。
  ローストリンゴを網に並べて風通しの良いところに干して 
  2〜3日。とちゅう裏表ひっくり返す。
皮付きは4個。
皮むきは2個。
干したら、「え〜これっぱかりに減っちゃって?!」くらい
少なくなってしまった。冷凍保存。
りんごのタルトを何回焼ける?あっという間だな(>_<)

美味しいのは、皮付き。
どんだけ干されたかしら〜?って味見してるうちに
1列は減ったな

☆味見、慎むことと、直射日光に当てないこと☆
注意事項だ。


話がアトサキになってしまった。


栗のタルトの隠れワザに入れたリンゴは、
生地が水っぽくならないように、ローストりんごにしてある。

お砂糖と(蜂蜜でも良いかも)、ラム酒をまぶして


オーブンで水気がなくなった、くらいに焼く




このまま保存でもいいんだけど、
さらに干し網に並べてぶら下げてドライにしたのは、
まあ、そのほうが応用力、ありそうなので。
お酒に漬けて戻したり?
リンゴジュースで戻したり?
ヨーグルトで戻したり?
まんま、小腹がすいた時のおやつにしたり?


イカやお魚の一夜干とか、さっと大根、シイタケ干すために買った
この「干す網」ですが、
これからまだまだ使います。
この爽やかな秋の風と空気で、収穫された果実を干して
自然の恵みに感謝して、

わたしの部屋と冷凍庫はケーキの素材で満たされていくのでした。

(幸せですが、だんだん寝る場所、なくなってきました)





JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * りんご * 10:02 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

遅ればせながら、先日はいろいろとごちそうさまです(*^o^*)
貴重な栗の渋皮煮、贅沢に1個まるごとそのまま食べちゃいましたf^_^;)
もうなんとも言葉に出来ないほど、美味で
今までの私の栗のイメージが、ガラッと変わりました!
私も手作りが大好きですが、コットンさんと出会ってから、まだまだだと、とても刺激を頂きましたd(^_^o)
ちなみに先日お知らせしていた、昨日のライブ&スイーツイベントにエントリーした
枝豆のタルト、入賞できたのです〜\(^o^)/
実はカボチャタルトにしようと思って、
買い物行ったら、枝豆の良いのが売っていて、ダンナさんのおつまみにと思って購入。
帰り道、フっとカボチャの
かわりに枝豆もいいかもと、急遽変更。
作ってみたら、綺麗な緑色の鼻に抜ける枝豆の香りが良い風味となり、大成功\(^o^)/
これは、我が家のこの季節限定のおやつに決定d(^_^o)
あ、だらだらと長くなってしまったf^_^;)
なにはともあれ、コットンさんとの出会いに
感謝しきりです(o^^o)
Comment by egao @ 2011/09/28 1:14 PM
egaoちゃん、こちらこそご馳走様でした。
あの栗の渋皮煮は、我ながら美味しくできたと自画自賛。あの手作りの味にはかなうものはないでしょう(^。^)
自慢しすぎ〜???

そっか、枝豆のタルト?枝豆っていうと、仙台の「ずんだ」系のお菓子を想像するけど、どんな仕上がりなのだろう、
気になるよ。
今度ぜひ拝見したいものです。

わたしもegaoちゃんとお知り合いになれて、世界が広がりました。ほおおおおって、疑問と感心と、だからすぐ時間が経ってしまいますね。
またの機会を楽しみにしています。
Comment by cottontulip @ 2011/09/28 4:05 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ