<< 北海道産「ハックルベリー」「いちご」 | main | いちごのカップケーキ >>

北海道産いちご「すずあかね」のジャム


豊浦(とようら)のイチゴ「すずあかね」のジャムができました。

全部北海道産と言いたいとこですが、

レモン果汁、
今年5月に、御厨先生のところで講習を受けた時の
しまなみレモン。
講習から帰って来て、持ってきたレモンで、
6月に、徹夜で家内工場ように作った
60度ペクチン。

ペクチンを入れると、
入れないで作るよりも、プルプルジャムになる。
売ってるのって、そうじゃない?
プルプル艶々きらりん、って。


右端の白い小鉢は、
ホーロー鍋をドレッジできれいきれいにこそげ取った
カピカピのイチゴジャム。
明日の朝、ヨーグルト入れて食べます。

「え?ガラス瓶を煮沸して脱気して保存じゃないの?」の声が聞こえてきそう。。。

いいのいいの。
タッパーひとつ実家にあげるでしょ。
ひとつと半分くらい、日曜にイチゴのカップケーキ焼くでしょう。
そうしたら、うちの分なんて、
このちっちゃいタッパひとつ、あるかないかでしょ?
1週間でなくなるもん、
このまま冷蔵庫で大丈夫。。。のはず。



今、家じゅう、甘酸っぱ〜〜〜い香りが充満してる。
窓開けたら、虫が寄ってくる?
なんだか心配で、このままイチゴの家で寝ます。


焦がさないで、
できたことだし。おやすみなさい。

JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * イチゴいちご苺 * 01:13 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

さすがにいろいろと、作ってますね〜d(^_^o)
最近こちらのブログを開くのが、日課となっている今日この頃♪( ´▽`)

ハックルベリー!初めて見ました!
ペクチンを自分で作ると、前にも書いてあって、おどろいたんですが、腸にいですね〜d(^_^o)

私もジャムはいろいろ作るけど、ペクチンが、自分で作れるとは、ビックリでした(((o(*゚▽゚*)o)))

ちょうど、私も、昨日友達が、グスベリいっぱいなってたから、大量にゆるいジャムを作ったから、取りにおいで〜と言ってもらってて、早速明日ご対面で〜すo(^▽^)o
初めて食べるので、どんなスイーツを作るか、今からワクワクな、egaoであります
Comment by egao @ 2011/09/03 10:36 AM
こんにちは。
そちらでは、「すずあかね」っていう苺があるんですね。
関東では、「とちおとめ」っていうものが主流です。
パンを食べる時に、我が家はジャムが欠かせません。^^
特に、私は!
Comment by Ray @ 2011/09/03 4:28 PM
egaoちゃん、おはよ。
9月3日にアップした、「ガーデンハックルベリー」と
「ハックルベリー」は、別のものなんだって。
「ハックルベリー」は生でも美味しいらしい。
こうなると、ぜひ、食べてみたいものです☆

手作りペクチン、今度、お見せしましょう。
キラキラつるんのゲル状で、冷凍してあるの。
Comment by cottontulip @ 2011/09/04 5:40 AM
Rayさん、おはよ。
「すずあかね」って品種名はわたしも初めて。
豊浦町のイチゴは、品種にかかわらず「豊浦いちご」ってブランドで出荷できるので、みーんな「豊浦のいちご」って言ってたし(^_^.)

こっちも「とちおとめ」がシーズンは全盛。東日本シェア癸韻任垢發鵑(*^^)v
あとは、道南農試で育成の「けんたろう」。。。あんまり札幌のお店には並ばない。

北海道のイチゴは、採れる時期が6月くらいだから、たいてい業務用で、空輸で東京や神戸の洋菓子店に行ってしまいます。
一般庶民は、一般の「旬」の時期2月3月に、宮崎や、宮城からの苺を買います。
Comment by cottontulip @ 2011/09/04 5:49 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ