<< シャムーティで作った「オレンジケーキ」 | main | パッチワークのコースター >>

牛乳

スーパーで、いつも買ってる牛乳の姿がない。

サツラクの牛乳(生乳100%のいわゆる牛乳)
1リットルパック 143円。

いつも行ってるスーパーでは、牛乳売り場の半分面積がこのサツラク牛乳。
500mlサイズも、200mlサイズも、
無い。

替わりに並んでるのは、
メグミルクとよつ葉。どっちも1リットルパック、195円。

成分調整牛乳も、日頃買わないけど、
たぶん、1番安い、123円が無くて、
160何円の2種類が置かれている。


牛乳売り場の前で、
わたしより前から、途方に暮れて佇むおばちゃん、
近寄ると

「こまったわ〜〜〜・・・・」


わたしも、
「ほんと、困りましたね」
「サツラクが、全滅ですね」


「そおなのよぉ、安いから、いつもここまで買いにきてたのに」
「あれなんでしょ?
 牛乳はあるけど、紙パックがないんでしょ?」


そうらしいです、

北海道の牛乳は、今、首都圏・東北の需要のために増産してるんです。

が、悲しいことに、
容器・紙パックの生産が追いつかない、って。

容器屋さん、
インク屋さん、
紙屋さん、
印刷屋さん・・・・・・


牛乳は、まず牛さんと、酪農家さんがいないと始まらないわけだけど、

わたしたち消費者に届くには、
いろんな人たちがかかわっている。

なにかがかけてもだめなんだ。北海道に住んでればいつだって牛乳に困らない、
なんて思ってちゃ、だめなんだ。


じわじわと、
あれがない、これがない、ってなってくる。


想像以上に長期戦だ。






JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ