<< ホワイトデーのシュークリーム〜次男の作品〜 | main | お菓子を焼ける幸せ >>

粉の実験(薄力粉・米粉・ダイズ粉)

大塚のカロリーメイトの中でも、
チョコレート味が一番賞味期限が長いんだって。(へえええ〜そうなんだぁ)
で、今回の災害で、量産体制に入ってるそうなんだけど、

じゃあうちでも、保存おやつに、
それ系のお菓子を焼く前に、
どの粉で作るのが、美味しいかな、ってちょいと実験。




上の写真左「米粉」・右「薄力粉」
下の写真左「ダイズ粉+アーモンドプードル」
下の写真右「薄力粉+アーモンドプードル」


実験だっていうので、手を抜いて(ゴメン!)
型に、スプーンでひょいひょい、生地を入れてって
焼いたら、
同じようにスプーンの背中で表面なだらかにして
焼いたのに、
薄力粉だけが、キレイな焼き面で、あとのは、ぼこぼこ。

それと、コメ粉のみは、やっぱり高く膨らまない。

味の違いは、ダイズ粉がやっぱり「きなこ味」。
米粉と薄力粉は大きな味の違いはなく。そりゃそうだ。



どれが美味しいか、と聞かれれば、

それは、
「薄力粉+アーモンドプードル」でした(パチパチ拍手)



Cottonお嬢の講評では、
「だって、いちばんコクがあるっていうか、香ばしい、っていうか」
ですと。


保存おやつ、って思ってたけど、
この実験版でさえ、なんだかんだと味比べしながら、3日目に完食した。
3日目が一番美味しかったな〜〜
しかし、バターケーキは、翌々日が美味しいって、
子供の頃は、待ちきれなくて、わかんなかったよ。




JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 11:24 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ