<< 札幌市東区 「パスタドノール」 | main | 変な組合せだけど、カラダによさそうな夕食でした >>

仁木町のりんごで作ったアップルパイ


仁木(にき)のりんご。
サクサクでジューシーで、美味しいりんご。

もったいないけど、
このりんごでアップルパイを作ります。
 アップルパイは、ほんとうなら、
 紅玉とか酸味の強いりんごで作りたいところだけど、
 紅玉なんて、そういう目的でもない限り買う人って少ないのか、
 あんまり売ってない。

そこんとこは、あんまりガーガー言わないで、
本日は、いただきものの、ふじ系のりんごでアップルパイ。
結果として、パイ皿一台に、このりんご、7個分。
贅沢過ぎのアップルパイ。





りんご 5個と
セロリ 1本。
うちで漬けてた、レーズンのブランデー漬け。
岡山のブログ友が送ってくれた、岡山県産レモンを絞って冷凍してたキューブ2個。
お砂糖。
シナモン。ナツメグ。
色つけにリンゴの皮の赤いところ。


圧力鍋で煮たら、あっというまにプレザーブタイプのジャムになった。

これは・・・・違う。想定外の展開(>_<)
アップルパイのフィリングはもっとリンゴの形が残ってないと、いかん、とおもう。

鍋いっぱいのジャムのなかに、
さらに2個分のリンゴを切って、強火で水分とばしながら、
形、崩れないように、焦がさないように気をつけながら、
煮る。

いい感じ、だ。


パイ生地のお皿に、カスタードクリーム。
そして、
りんごの「リンゴジャム煮」。。。。そんなん、あるのか?ってできてしまったから。



アップルパイのフタは、
やっぱりこのアミ編み柄でしょう(^◇^)

シナモン、ナツメグ、香ばしく焼けました。
この焼けてる時の、部屋中の匂いが、ドアを開けた瞬間、ぶぁ〜って
寒い外に出てくのが嬉しかったり、する。「いってらっしゃい」。


帰ってきたら焼けてるよ、おやつに食べよう?




サクサクのパイの中にカスタードクリームと、
リンゴのリンゴジャム煮(しつこい、って)

冷たいアップルパイの方が好きです。

あたためたパイの方が好きですか?

どっちでもいいよ、ブラックのハーブティーで召し上がれ。



おまけ。プレーンヨーグルトにリンゴジャム。

おなかの調子、整えてくれそうな。




JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * りんご * 23:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ