<< 北海道フードマイスター稲作体験塾「2010年度稲刈り編」 | main | 札幌市北区 焼肉屋かねよし屯田店「花かご弁当」 >>

美唄 安田侃の彫刻「炭山の碑」と三菱美唄記念館

安田侃(やすだかん)作「炭山の碑」(やまのひ)


安田侃が、故郷のために作った作品。
炭鉱で犠牲になったり、炭鉱を離れた人々のために。


ところで、

彫刻のある場所から、この碑のある道路っ縁まで、芝生の公園を歩くと、
5〜6歩歩くたびに、
この(下)何ものかのウンチさんがある。

これって、誰のもの? 熊さんではない、よね?犬も違う。
きつね?鹿?
それにしても多すぎ、あっちもこっちもよく見れば、ウンチだらけだ。

踏まずに来れて、よかった〜
熊さんにしても、鹿さんにしても、
こんなにたくさんこんなところにいたら、怖いかも。


公園の右端にある、「三菱美唄記念館」。

美唄炭鉱の歴史や、写真、
当時の「社宅台帳」が保管されています。

このあたり、今、立抗櫓だけが残っているあたり、
鉄道が敷かれ、
社宅が何棟も建って学校も、映画館もあった、


それが、今は、何もない。

誰もいない。


ここにかつて、町があった、

あったものが、ない、って
キレイに、木々が覆って山に戻ってる、て

不思議な気持ちになります。



立抗櫓(たてこうやぐら)と原炭ポケットは平成19年に
経済産業省が指定する「近代化産業遺産」に選定されました。

それは、また次のおはなしへ続く、ってことで。


この三菱美唄記念館と、安田侃「炭山の碑」のある場所は
このあたり↓(下の写真)。

余談ですけど、
写真のまるで囲んだ「除雪の目印」は、北海道の道路では、
ほぼ、必ずついてて、この矢印の内側が車道だよ、
この幅に除雪するよ、って目印です。


我路(がろ)ファミリー公園は、右手前に三菱美唄記念館、
真ん中辺の木立の前に、「炭山の碑」の説明パネルと「碑」。
芝生の真ん中から奥に安田侃の彫刻が白くそびえたって、
小さな橋を渡って奥がキャンプ場仕様になってました。


東明は、
美唄鉄道で最後まで駅舎が残った、東明駅があったところ。

現在は、駅舎とSLが三菱鉱業から美唄市に寄贈されて展示されています。
(東明駅とSLは、美唄市東明町5条2丁目)



三菱美唄記念館
 美唄市東美唄町(我路ファミリー公園内)
 TEL:0126-62-3131(美唄市都市整備課)



JUGEMテーマ:北海道


コットンチューリップ:小林純子 * 北海道炭鉱遺産の町 * 17:32 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

私は九州の筑豊炭田で育ちました。今は大阪に住んでいます。
12歳まで育った炭鉱町は、今はその面影もありません。
小学校は廃校、その後には全く別名の中学校が建っています。
炭住もボタ山も有りません。
昔、ここが炭鉱で栄え、人が生活していたとは思えないような変わりようです。

寂しいです。
Comment by アンチエイジングオヤジ @ 2010/10/12 4:58 PM
アンチエイジングオヤジさん、おはようございます。

寂しい、
そうですよね。
思い出したくない人もいるかもしれないけど
寂しい、
その言葉がピタリなんだろうな。

そこにかつて何万人もの人の生活があったのに、
キレイに無くなってる
もう、二度と作ることはできない、ってことを
人はどう考えればよいのだろう。と
炭鉱の町を歩きながら思うのでした。
Comment by cottontulip @ 2010/10/13 8:44 AM
【リンク報告】
こんにちは。私は神山卓也
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/
と申します。

 先刻、貴ブログ日記記事「三菱美唄記念館パンフより」
http://blog.cottontulip.com/?eid=821993
にリンク報告いたしましたが、この貴ブログ日記記事にも、私が運営しております2つのホームページから、以下のとおりリンクを張りましたので、その旨、報告申し上げます。

○ 炭鉱を紹介するホームページ「炭鉱マニア」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/
内のサブ・コンテンツ「リンク集」の中の「美唄市関係の箇所」
http://coal.shimazu-yoshihiro.net/coallink.htm#bibai_city

○ 私が運営しております別のホームページ「温泉天国・鹿児島温泉紹介!」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/kagoonin.htm
内のサブ・コンテンツ「三菱美唄記念館訪問記」
http://homepage2.nifty.com/kamitaku/HOKAIK02.HTM

 今後とも、よろしくお願い申し上げます。

Comment by 神山卓也(リンク先は「三菱美唄記念館訪問記」) @ 2012/09/13 11:28 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ