<< 知内産にら ニラとモヤシの小鉢(ラーメンスープ味) | main | 保存用 冷凍パセリ >>

20年以上連れ添った相棒「圧力鍋」

結婚したとき、
母がくれた圧力なべ


新しもの好きの母は、
買ってはみたものの、「使えない」って、わたしにくれた

カレーとか、ロールキャベツとか、
さつまいもふかしたり、
シューマイみたいな蒸しものとか、
何より、豆を煮させたら、天下一!

4.5リットルの重くて大きなお鍋は
子供たちが育つころから現在まで、大活躍だ。



そんなふうに、20年以上使って来て、
最近ちょっと不安になった、

ふたのゴムパッキン、ゴムが劣化して、使えなくなったらどうしよう。
お鍋自体はじぇんじぇん元気。
心配なのはゴムパッキン。

もらったお鍋だから、購入先がわからない、
「生協で」って聞いたような気がするけど、
違うっぽい。


いろいろ検索してて、
似たような心配事が「OKウェブ」だったか「教えてgoo」だったかに
載っていた。

回答の中に「鍋の底に製造番号が。。。。。」

製造番号がぁ???


さっそく自分の鍋をひっくり返すと、
確かにありました。

鍋を作った会社名と、製造番号らしき番号。

 




「北陸アルミニウム(株)」!!!!!


現存する会社。
とりあえず「ホッと一安心。」

北陸アルミニウム株式会社
「圧力鍋」
webから部品のオーダーもできるみたい。
http://www2.hokua.com/houseware/?cat=6
もし私の圧力なべの部品がもう手に入らなくても、
それでも、なんか、安心。

大事に使うし、
ゴムパッキンも、なるべく長く使えるように、
ほんとに大事に使うから。


---------------------------

---------------------------

※上記webからのオーダーも・・・・のくだりリンク先、

サイトが存在しない旨のエラーが出ます。

以下2017年の記事にお問い合わせ先のリンクを貼りました。

ご参考まで。(20170206記)

 

※7年後の後日談

2017年2月6日「20年以上連れ添った圧力鍋7年後」

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823851

 

---------------------------

---------------------------

 

JUGEMテーマ:麗しのキッチン・パートナー

 

コットンチューリップ:小林純子 * キッチンあいてむ * 23:39 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

今晩は 初めまして
この圧力鍋のブログのお陰で
我が家の圧力鍋も、まだまだ現役で居られる事になりました!
パッキンの硬直が心配になり購入先の生協で問い合わせ

でも、20年以上も前の購入履歴は無くて製造元もわからないとの事
ネットで調べこのブログに辿り着きました
ありがとうございました

今日、梱包し『北陸アルミニウム』に鍋のメンテナンスの為発送しました
同僚から買った方が安いだの色々言われましたが、愛着ある物は永く使いたいです

嬉しくて、お礼を言いたくてメールしました
ブログに残して頂いてありがとうございました
Comment by 川村 昌子 @ 2017/02/05 8:36 PM
川村 昌子さま
7年も前の記事でわたしも忘れていた記事でしたのに、
お役にたってほんとうに良かったです。

わたしが「いつか役に立て」とブログを書き続けてきた意味が、ここでやっと実になったような気がします。

この圧力鍋は本当にいい子ちゃんですよね。
わたしは今もまだゴムパッキンそのままで使い続けています。

昌子さんの圧力鍋、
メンテナンスから帰ってきたら
どんな感じかまた教えてくださいね。
わたしもいつかお世話になるかもしれません。

よろしくお願いしますね。

心が温かくなる素敵なコメントありがとうございました。
Comment by cottontulip @ 2017/02/05 10:19 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ