<< キューピー「レンジクック」〜おろし玉ねぎ煮・中華あんかけ〜 | main | スパイシー サツマイモと林檎のタルト >>

HB餅コースで作った「あんこ餅(大福もどき)」


美味しそうでしょ?
へへっ、美味しいですよ。

なんたってつきたてのお餅ですから

先日、購入しましたHB(ホームベーカリー)
≪Panasonic ホームベーカリー SD-BM103≫は、おもちがつけるんです。

もち米2合(3合もできます)とお水を入れてスタートから50分後、
今度はふたを開けたままスタートすると、
こうやって、ゴロンゴロンとお餅が、さらにきめ細かくなめらかに
できていくところを見てることができます。

できあがったお餅は、
ぶよーんと良く伸びる、なかなか良くできたお餅です。

これを、手早く片栗粉を敷いた台の上で12等分し、
まるめて広げて、あんこを包んで形を整えます。


あんこは、
おはぎのお礼、って、実家の母からもらった小豆、
たぶん知り合いの農家さんからもらったであろう、
枝や虫食い豆やゴミが交じった
大納言あずきを

柔らかく茹でたあと、お砂糖を加えてから
焦がさないように、
絶えず混ぜながら、練りあげてできた、
この上ないと言っていいくらい
上手に炊けたアンコ。


しかし!

弾力性のある餅で餡を包んで、
お尻を閉じるのは、やっぱ、難しいわ。

そりゃね、これ、簡単にできたら和菓子職人さん
何十年の匠の技が怒るよね。

あんこを包むのは、お餅に限らず
あんパンでも、あんまんでも、
まだまだ練習が必要です。



ところで、タイトル「大福もどき」としてるのは、


「大福だよ〜〜〜」って娘に食べさせたら、

思いっきり「違う!!」って。

「大福は、上新粉とか白玉粉で作るんだよ、これ、モチでしょう?
大福の柔らかさがないもん、
あんこもち、って言われたら気になんないけど、
大福は違う〜〜〜」

だとさ。
なので、「大福もどき(あんこもち)」です。


でもね、でもね、

翌朝、固くなる前に食べたらね、

わたしは「大福じゃん」って思ったよ。
実家の母も言ってた、
次の日食べたら「大福だった」って。


--------------------------------------------------------------

【メモ】12個分(あんこは、1個分余り)
もち米 2合

小豆 1カップ
砂糖 1.5カップ
塩  少々

片栗粉 適宜


固くなったら、焼く。
固くならないうちに、冷凍保存する。

--------------------------------------------------------------
JUGEMテーマ:お菓子のレシピ


コットンチューリップ:小林純子 * 和菓子・もち * 14:49 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

出来立ての暖かいヤツは格段に旨いんだろうな♪
Comment by 空想 @ 2010/03/28 3:01 PM
空想さん
はじめまして。
弾力があるおもちで、美味しかったです。
オススメです。
Comment by cottontulip @ 2010/03/29 9:31 AM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ