<< 楽しいスパイス | main | 札幌「豆蔵」の「赤い豆の納豆」でガバッと小葱の納豆ごはん >>

春のお彼岸 桜のおはぎ 3種

毎度恒例、「お彼岸だから、おはぎ作りました」

2010年春のお彼岸のおはぎは
桜の花びらをのせた、「きなこ・大納言・さくら」の3種。


前の日から煮てたあんこ。

去年の秋にサッポロさとらんどの収穫祭で買った大納言あずきも
これが最後の1カップ。
あくを丁寧に取りながら気を使って煮たら、とっても柔らかく素直な味だったので、
小細工せずに、ふつうに白いお砂糖と仕上げにひとつまみの塩。
抑えられた甘味でとてもとても
やさしい粒あんができました。

3分の1量のあんこには、「ゆかり」を混ぜて、ちょっと紫蘇餡っぽく。
ピンクの桜おはぎのあんこにします。
しょっぱいアンコにならないように「ゆかり」の量に気をつけて。

つきあがったお餅も3分の1量に、ごくごく少量の食紅で
うっすらピンクの色をつけてます。(食品添加物着色料使用、です)



いつもおはぎを作る時は、
ラップにあんこ伸ばしてその上に丸めたご飯を乗せて
ラップで握る、みたいな作り方をしてましたが、

今日は、ラップなしで、
和菓子職人さんみたいに手のひらに乗せて
指で包みこんでいく、ってやり方で作りました、

これが、意外にも時間短縮で。
楽々、13個、できました。
 13個の内訳は、きなこ4個、さくら4個、あんこ5個
 3種でひと組なんだけど、あんこの1個だけ
 夫の部屋のじいちゃんの遺影にお供え用ってことで。


桜の花の塩漬けは、
製菓材料店に行けなくて、ふつうにスーパーで探したら
お茶コーナーに「桜茶」でおいてました。
なるほど〜桜湯、おめでたい席で出るアレね。

ほかに桜茶の楽しみ方として
「桜ご飯」「お菓子のトッピング」って添え書きが。

製造元静岡県。
273円。


きなこ。

北海道産黒豆100%のきなこ。

株式会社坂口製粉所は、札幌の会社。前を通ったことがある。
昔から、シンプルにきなこを作ってる。
CMも、ゆーったりなごむ。
http://www.kinako.co.jp/


この3種のおはぎ、今回はこの「きなこ」が一番人気。

北海道産100%のおこめ、あずき、だいず、砂糖

「甘いもの苦手だから」なんて言ったりする?
お彼岸だもの、
とっておきのお茶淹れて、一休みしよ?



---------------------------------
【参考】
もち米(はくちょうもち)1カップ
白米(ふっくりんこ)  0.5カップ

小豆 1カップ
上白糖 1.5カップ +α(あずきの甘さによる、味見て調節)


1個サイズ w50mm×h70mm

ちょうど13個。

---------------------------------


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * 和菓子・もち * 01:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ