<< 手作りアイス「ラムレーズンのアイス」 | main | できそこないのコースター >>

クエン酸で作った「飲むヨーグルトもどき」

昔、子供のころ、母が牛乳にクエン酸を入れて「カルピスもどき」を作ってくれたのを思いだしました。

カルピスって、乳酸菌が入ってるんじゃないかな〜、

という単純な発想から、乳酸菌=ヨーグルト?
で、牛乳じゃなくて、ヨーグルトにクエン酸入れて作ってみました。

なので、
「飲むヨーグルトもどき」です。




ヨーグルト500mlとグラニュー糖500g、を火にかけて
沸騰させない程度に加熱して、
それを冷まして、クエン酸を混ぜる。小さじ2くらい、または1%くらい。
あ〜適当です。
たくさん入れると、酸味が強くなる。

で、これを4〜5倍に薄めて飲む。

あんまり子供たちにはウケなかったですね、残念です。
子どもたちは、市販のジュースの味に慣れてるからね、それ以外はきっと自然と拒否反応示すんでしょうね。
美味しいのにな〜、
残念、このうえない。。。



手前の、小さいビンが、食べてもOKのクエン酸。
こんなちっちゃいのに、この値段?ってビックリだったけど1個、買ってみました。

電気ポットの洗浄にクエン酸が良い、と聞き、ドラッグストアに買いに行ったら、この小さいビンで結構けっこう高い値段してて、よくよく探したらお掃除用のクエン酸が別に売られてました。それが後ろの袋入りクエン酸。

このお掃除用「暮らしのクエン酸」をポット満タンに30g〜50g入れてつけておくと、ポットの中がとっても綺麗になる。パイプの中もきれいになる、というので、やってみたけど、会社のポット、やっぱり水アカのようなものが、一緒に出てきて、おそうじするのが遅かった、って感じでした。
もっと頻繁にポットは洗浄しないとダメですね。

このポット洗浄のおかげで、今回、「カルピスもどき」を思い出したので、
まあ、良し、としますけどね。


コットンチューリップ:小林純子 * 牛乳・ヨーグルト・生クリーム * 21:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ