<< 今日のおやつ「白いプリン」 | main | 札幌芸術の森 >>

石狩灯台はまなすの丘

231号線石狩湾新港から石狩海水浴場「あそびーち」の看板で左に曲がって、「番屋の湯」も越えてもうちょっと行く。つきあたり、ってところまで走って行く。
石狩川河口のあたりが「はまなすの丘公園」。
3

はまなすの丘、だからほんとはこの丘にははまなすが一面に咲いてるはず。6月から7月。その頃くるのが正解。はまなすの季節に来ると生垣みたいなはまなすじゃなくて、ほんっとに丘一面に這うように咲いてるはまなすを見る事ができる。
丘を歩きやすいように板のろうかがあるからずーっと歩いて行ける。
今日は、もうこの丘は秋。すすきが揺れてる。
1

「喜びも悲しみも幾先月」の歌詞「♪おいら岬の灯台守は〜」が刻まれている。
2

灯台に向かって右側が石狩川。もうちょっと流れると海に到着〜って地点。ゆっくり流れてる。川辺はしじみが採れるらしい。「密漁禁止」って看板があちこちに立ってるから。それで、密漁監視員も巡回してますふぅ〜ん
45

はまなすの花が終わって赤い実を結んでいる。はまなすの実。一面赤い実。

灯台の左側が海。日本海。ここは遊泳禁止。砂浜。
雲も波も、見てて飽きない。
7

6

コットンチューリップ:小林純子 * おでかけ北海道編 * 08:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ