スイーツラッピングコーディ検定復習

5月3日4日に、お勉強して取得した

スイーツラッピングコーディネーター資格。

立派な認定証もいただきました。

 

 

試験が終わった後の講習で包んだものを

コットンのお菓子を入れて復習しました。

やらないと忘れる、早いうちに「どうだったかしら」をやっておくのって

だいじダイジ。

 

左上の

プチシェルマドレーヌを入れた箱、

プラスチックのつるつるの箱に、不織布を立ち上げて

中を見えるように包むんですが、難しいです。

ただ、これらは、

中のスイーツも見えるし、

包んで、悲しいかな売れずに賞味期限が来て

中身を入れ替えたい時にも対応できる、

 

そういったところが、

ギフトや商業ラッピングと

スイーツラッピングの大きな違いのひとつじゃないか、っても思います。

 

一番の違いは、

ケーキやおまんじゅうを入れた箱を、

ひっくり返して包んだり、

開ける時も、裏を外さなきゃいけないような、そういうことに

ならないような包み方をする、ってとこ。

 

ラッピングは、わくわく感、オリジナリティーいろんな要素が詰まっていて楽しいですね。

 

これを100個包むってことを抜きにすれば、

の話ですが。

 

 

これはビン包みの立ち上げがポイントのラッピング。

黄色い方が練習で、

ピンクは実技試験でした。

 

黄色の練習、うまくできたのに、

試験はイマイチ。時間がなくなりそうでそのまんま提出しちゃったのを

包み直しました。

 

後ろ姿もキュート。

 

プチギフトも

ひと手間かけるとがぜん「もらった」感が増しますね。

量販店で買ってきた大袋から出したまんまをあげるのと、

リボンひとつ結ぶだけでぜんぜん違う、

って思いませんか?

 

今後のコットンチューリップのお菓子たちも、

きっとワンランクアップ、

そんなこと考えながら、

そういう時間もまた楽し、です。

 

JUGEMテーマ:ラッピング

コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 10:52 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スイーツラッピングコーディネーター資格を取りました

 

ゴールデンウィークも前半が終わりましたが、

何してすごしてます?

 

わたしは、

5月3日4日と、スイーツラッピングの講座を受けにいっておりました。

 

いろいろなものをラッピングするかと思うんですが、

今回は、スイーツに限ったラッピングです。

だから通常であればひっくり返したり動かしたりして

包装したり、留めたりするものも、

スイーツであれば、上を向いたまま包んだり、

また受け取った人も、中身を傷めないように開けることができる、

そんなところに配慮したラッピングです。

 

 

写真は、二日間でラッピングしたものたち。

 

箱だったり、プラスチックのケースだったり

カゴだったり。

包んでリボンをかける、というのを昨日今日とひたすらやっておりました。

それと、筆記試験のための教科書を読んで覚える、というお勉強も。

 

良い刺激を受けました。

 

先生がとっても素敵な方で。

 

 

ラッピングはまだまだこの先も学び続けていきたいです。

 

とりあえずはまず、コーディネーター資格が取れました。

ラッピングは、楽しいですね、

贈る人、贈られる人、

どちらの気持ちも「わぁ!」ってハッピーになるような、

そして決して押しつけがましくない、

そんなラッピングを心掛けたいと思います。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 02:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ラッピング教室体験に行ってきた

 

ラッピングの体験教室に行ってきました。

(NPO法人ジャパン・ラッピングクラブというところです)

体験は無料だけど、材料費は別途実費、とは聞いていなかったので、

え、いくらかかるんだろう、

とドキドキしながらやりました。

 

箱代、包装紙2枚、リボン3、

で600円くらいでした。

 

通常の応用コースのその日のメニューを一緒にやる、って感じです。

基礎コースあっての応用、なので、

いらしている生徒さんはみなさん、慣れたもの。

 

わたしは、ひとつひとつ、あたふた。

 

ほぼ先生が手伝ってくれての完成を、

帰宅してほどいて、

ひとりで復習してできた写真をアップしてます。

 

解説すると、

これは、

斜め包みの応用。

斜め包みは、斜めに柄がでるんだけど、敢えて、

直線を(2枚を合わせた水平線ね)意識して作る、という課題でした。

斜め包みも難しいけど、

水平線をほんとに水平かつ一直線に見せるように包むのが

ほんとうに難しかったです。

 

あと、リボンは、

結び方をちゃんと教わってはいませんが、

他の人が結んでるのが見えたり、

先生が結んでくれる手元を見た限り、

 

以前教わったことのある

青山リボンの先生の結び方とは違うような気がします。

 

 

そこのところが、ちょっとネックになって、

継続して習いに行こうかどうか、迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ラッピング

コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リボン結び

リボン結び、できますか?
包装紙で、包めますか?


難しいですよね。
リボン結び、
なんとなく結んでますけどこれ、誰に教わったんだっけ。

たまに縦になっちゃったり、
ぎゅってきつく結んだつもりが、
蝶々の部分が大きくなりすぎたり、縮めたりしてるうちに、
蝶々の部分に折り目がついたちゃったり。


良いリボンとは、
蝶の部分がふんわりしていて、
中心がきゅって絞られていて、
もちろん縦や斜めになってなくて、
裏表のあるリボンなら、
全部が表を向いている。
いろんなものにリボン結びをした挙句
伝票にもリボン、
包装紙は、帯広のフジマルの包装紙だったり(#^.^#)



来月(5月ね)、イベントで「ラッピング」のワークショップをやります。
コットンチューリップのお菓子を
可愛くラッピングしましょう、って内容です。
コットンチューリップのお菓子付き、リボンやシールなどのラッピングの材料もついて500円。
超お得です。

それで、
包み方や結び方、おさらいしてました。
ワークショップをするイベントの告知は・・・・もちょいお待ちを。

 
JUGEMテーマ:ラッピング
コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 00:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ