ラッピング教室体験に行ってきた

 

ラッピングの体験教室に行ってきました。

(NPO法人ジャパン・ラッピングクラブというところです)

体験は無料だけど、材料費は別途実費、とは聞いていなかったので、

え、いくらかかるんだろう、

とドキドキしながらやりました。

 

箱代、包装紙2枚、リボン3、

で600円くらいでした。

 

通常の応用コースのその日のメニューを一緒にやる、って感じです。

基礎コースあっての応用、なので、

いらしている生徒さんはみなさん、慣れたもの。

 

わたしは、ひとつひとつ、あたふた。

 

ほぼ先生が手伝ってくれての完成を、

帰宅してほどいて、

ひとりで復習してできた写真をアップしてます。

 

解説すると、

これは、

斜め包みの応用。

斜め包みは、斜めに柄がでるんだけど、敢えて、

直線を(2枚を合わせた水平線ね)意識して作る、という課題でした。

斜め包みも難しいけど、

水平線をほんとに水平かつ一直線に見せるように包むのが

ほんとうに難しかったです。

 

あと、リボンは、

結び方をちゃんと教わってはいませんが、

他の人が結んでるのが見えたり、

先生が結んでくれる手元を見た限り、

 

以前教わったことのある

青山リボンの先生の結び方とは違うような気がします。

 

 

そこのところが、ちょっとネックになって、

継続して習いに行こうかどうか、迷っています。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ラッピング

コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 13:18 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リボン結び

リボン結び、できますか?
包装紙で、包めますか?


難しいですよね。
リボン結び、
なんとなく結んでますけどこれ、誰に教わったんだっけ。

たまに縦になっちゃったり、
ぎゅってきつく結んだつもりが、
蝶々の部分が大きくなりすぎたり、縮めたりしてるうちに、
蝶々の部分に折り目がついたちゃったり。


良いリボンとは、
蝶の部分がふんわりしていて、
中心がきゅって絞られていて、
もちろん縦や斜めになってなくて、
裏表のあるリボンなら、
全部が表を向いている。
いろんなものにリボン結びをした挙句
伝票にもリボン、
包装紙は、帯広のフジマルの包装紙だったり(#^.^#)



来月(5月ね)、イベントで「ラッピング」のワークショップをやります。
コットンチューリップのお菓子を
可愛くラッピングしましょう、って内容です。
コットンチューリップのお菓子付き、リボンやシールなどのラッピングの材料もついて500円。
超お得です。

それで、
包み方や結び方、おさらいしてました。
ワークショップをするイベントの告知は・・・・もちょいお待ちを。

 
JUGEMテーマ:ラッピング
コットンチューリップ:小林純子 * ラッピング * 00:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ