【ご案内】北郷児童会館お菓子教室「アイシングクッキー」

ご案内です。

 

札幌市白石区北郷児童会館「お菓子作り教室」

内容は、焼いてあるクッキーにアイシングで絵を描く。

 

小学校1年生〜6年生まで

参加費:300円

お申し込みは:10月18日から直接児童会館へ

定員:各回20名先着(多い時は抽選)

 

10月25日・26日・27日

それぞれ時間が違いますのでご確認ください。

 

わたしは先生をさせていただきます。

とっても楽しみです。

お近くにお住いの小学生の皆さんにこのご案内が届けばいいなあと思っております。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 12:27 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【ご案内】さとらんど秋のお菓子教室「ハロウィンのアイシングクッキー」

出張講師で伺います。

 

さとらんど「ハロウィンのアイシングクッキー」講座
10月30日(月)10時から13時

16人 

1300円


お申し込みは10月11日より、直接さとらんどへ。

0117870223


クッキーを焼いて、アイシングをします。

 

一人分のクッキー生地。

大雑把に型抜きして6個ですが、

大きさや形を選んで丁寧に型抜きし、

さらに抜いた後の穴ぼこの生地をまたまとめて伸ばして抜く、

を繰り返すとだいたい14個くらいのクッキーが焼けます。

 

焼いてる間にアイシングの準備をして

焼きあがったクッキーにアイシングしていただきます。

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 10:10 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

さとらんど「母の日お菓子作り講座」

2017年5月13日(土)11時から12時まで

さとらんどのお菓子教室「母の日にカップケーキを作る」です。

札幌市広報での告知の記事はこちら

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823914

 

 

この講座は、募集16組(2名まで)で年齢制限なし。

想定は小学生とその保護者、ですが、大人お一人での参加も可能、

というざっくりおおらかな年齢枠。

さて開けてみると、5歳あり、高校生あり。

父と子がふた組。

バラエティに富んだ生徒さんたちとなりました。

 

実はやることは高度。でももちろん5歳でも楽しく「やった感」を味わえる内容に。

そうして、そのまま母の日の贈り物として渡せるように、「完成!」をめざす構成。

それをご挨拶も含めて1時間という短い時間の中でやる。

心配もあるけれど、さとらんどのスタッフさんたちは慣れたものだし、

まあいけるでしょう。

ということで始まりました。

 

用意したのは、

カップケーキの土台となるケーキ。

トッピング用ココア生地のクッキー。

お持ち帰り用のケーキ箱とOPPの大きなマチつき袋。

母の日カーネーション付きのリボン。

母の日シール。

メッセージを書くちょっとおしゃれなアンティークタグ。

 

 

講師用の作業台。

生クリームはさとらんどに隣接しているサツラク乳業の

乳脂肪分47%の生クリーム。

それから食用色素とアラザンなどのトッピング用シュガー。

 

生クリームの特徴のお話をさせていただいて、

 

今日は手で泡立て器で泡立てます、って泡立てて

クリームの絞り方。

子供たちはかぶりつきで見てますね。

 

さあ、みんなで絞ります。

高校生も、

パパも、

 

小学生も、

しんけん!

 

がんばって!

 

男の子の斬新な配色!

慎重にハートのクッキーを乗せている。

 

メッセージを書く。みんないい子だ。

 

箱にパーツをくっつけて

 

できた!

 

こんなのもらったら、ママは幸せで泣いちゃうと思うよ。

 

 

講師の仕事をしていると、

幸せのおこぼれをいただく機会がたくさんある。

 

子供たちと、子育てするママやパパを応援していきたい。

作って食べることをもっともっといろんな角度から

伝えていきたい、

そんな気持ちを再確認させてくれた、

 

さとらんどでのお菓子教室、でした。

 

 

スタッフのみなさま、わたしのいたらない部分を

さりげなくフォローしていただきありがとうございました。

準備も後片付けも体制万全で、事故なく、

無事終了できました、感謝しております。

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 13:07 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

さとらんど「母の日お菓子作り講座」広報さっぽろによる告知

広報さっぽろ2017年4月号、18ページ。

 

さとらんどの「お菓子作り講座」5月13日(土)11時から12時。

1300円。

会場はさとらんどセンター。


申込みは直接さとらんどへ。

4月21日9時から申し込み受け付け。

特筆すべきは「先着16人」だそうです。
申し遅れましたが講師はわたし、コットンチューリップの小林です。

↑講師が誰っては、広報には書いてないですが、わたしです。

母の日にカップケーキを作る、

と書いてありますが、実習は、クリームを泡立ててデコレーションしていただく

という内容です。

カップケーキはあらかじめわたしが焼いて行きます。

 

生クリームは、

一般市場で出回っていない、サツラクのノンホモ純生クリームを使います。

さとらんどでは、いつもこの生クリームでバターを作る、という講座をやっています。

ですので、お菓子作りに使ったことはない、とのこと。

近々わたしのところにサンプルが届き、

実際にどんな感じ、というのを試作してみます。

とーーーーーっても楽しみです。

 

 

下のカップケーキの写真は、あくまでイメージです。

お一人、2色くらいでできるといいなあ、と考えています。

アラザンやクッキーを刺すだけでも、

それだけでも、

「そんなの簡単じゃない」って思うなかれ、かなりテンション上がりますよ♪

 

小学生ひとりでも大丈夫かな、

さとらんどのスタッフさんにもフォローいただいて、

楽しい内容にしたい、と思っています。

 

お近くの方、遠くの方でも、

サッポロさとらんど、初めての方も

ぜひお申込み、

お待ちしております。

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 14:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

カップケーキに口金 星6切 で生クリームデコ

カップケーキに生クリームでデコレーションをして、

母の日にプレゼントをしましょう、

 

という『サッポロさとらんど』さま企画の、広報用試作です。

 

親子から大人の方までを対象に募集をかける講座です。

4月1日より各町内会に配られる「広報さっぽろ」で告知されます。

 

ありがたいことに、

講師として、呼んでいただきました。はじめてのさとらんど講座。

しかも母の日イベント。

どんな感じなのかなー、まだちょっと不安。

がんばります。

 

 

 

講座は、

わたしが焼いて用意したカップケーキに

*生クリームを、泡だて器(手で)泡立てて、絞り出し袋に詰めて、にょろりと絞り出す。

お好みでトッピングシュガーで飾って出来上がり。*

という内容で、試食はなし。

デコッたカップケーキはすべてお持ち帰りいただけます。

 

生クリームは サッポロさとらんどにミルクの郷サツラクが隣接していますので

サツラクの純生クリームを使います。

スーパーなどであまり見ることないですよね、サツラクの生クリーム。

振るだけでバターができる、ノンホモの純生クリームで結構お高いのです。

この生クリームを使える、ということもめったにできない体験となるのではないでしょうか、

わたしは、とっても楽しみです。

 

「星6切」という一番ポピュラーな口金を使います。

右のピンク色の口金は、スーパーで売ってる

冷凍ホイップクリームについている口金ですが、

わたしは、これが一番使いやすいです。

切れ込みがシャープなんですよね。だから絞り出しクッキーも

波がきれいに出ます。

 

星6切口金だけでも、

いろんな表情ができます、ってあたりも知っていただきたいと思っております。

 

 

 

 

 

5月13日(土)の午前中の開催で、

1組(親子2名まで)1300円。

応募受付は4月の中旬あたりと聞いていたような。

親子でもお一人でも受け付けてくれるるはず。

 

このブログでも、随時お知らせできると思いますので、

ご興味あれば、気にしていてくださいね。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 01:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ホワイトデー1「はるにれ児童会館お菓子教室」

2017年3月11日(土)はるにれ児童会館にて

「ご近所先生ホワイトデーお菓子作り教室」開催。

講師してきました。

 

上記画像は、もう終わっちゃって子供たち自分の作品を

きっちりデコレーション箱にしまって

帰りのご挨拶を待っているところです。

 

講習中の写真はもちろんのこと、出来上がったさまざまなデコレーションケーキの写真を一枚も撮ることができませんでした。残念極まりないです。

 

その代り、準備の写真がいっぱいあるので

準備中と、それからその後のお話を少し書こうと思います。

 

 

今回、教室で作るお菓子は「デコレーションケーキのデコレーション」でした。

以前、中学生とそのお手伝いをしてくださる大学生を対象に同じ内容で講習をしたことがあって、

その時、ほんとにさまざまなデコレーションにわたしも驚かされ

また参加したみなさんにも大変喜んでいただけたので、

 

小学生で小さい子から大きい子までいて

経験値もそれぞれだけど、

今年度の集大成として、デコレーションケーキをやりました。

 

中学生の時と同様に、ケーキはこちらで焼いておき、

子供たちは、生クリームを泡立てナッペとクリーム絞りをする、というもの。

 

生クリームの泡立ては一人150mlですが、ハンドミキサーではなく、

手で泡だて器を持って泡立てます。

「え〜?うちでは機械のがーってやつでやるよ」と言う男子もいましたが、

「今日は、手でやります」と言って、みんなボールを抱えて手で

泡立ててもらいました。

 

そうそう、今回は申し込み16名のうち3名が男子でした。

 

だってバレンタインにお菓子をもらってのお返しが、

もともとのホワイトデーですものね。

 

 

スポンジケーキは、直径12センチを18個用意。

16人分と、わたしのデモ用と、一個予備。

 

18個分の上と下(底)をカットしたら、端っこケーキがたくさんできます。

前回中学生教室の際は、これ、上下をカットする、をしないでやりました。

その時やっぱり、上部をカットしないと、上の柔らかい焦げ色のついてる部分が

クリームと混ざってはがれてしまうのと、

底は固い。

だから今回はカットして、

そしてこのカットした部分を、教室時間内の子供たちの試食に使うことにしました。

 

今回は、できあがりを試食タイムがありません。

ホールで仕上げたケーキをそのまま丸ごと箱に入れてお持ち帰りするのです。

 

これが後日たいへんご好評だったと主催の児童会館から伺いました。

「箱に入れた高級感が、すごく良かった、って好評でしたよ」と。

おうちに持って帰って家族に見せた時の

「うわー!すごいねーこれ、作ったの?!すごいねー」って場面が浮かびます。

 

 

 

それから、18人分の絞り出し袋と口金。パレットナイフも用意。

グラニュー糖も用意。

 

生クリームをボールに入れる。

お砂糖入れる。

泡立て方、泡立て終了の見極め、

スポンジの間に塗る、果物はさむ、クリーム上に塗る、

スポンジの回りにクリーム塗る(ナッペ)

絞り出し袋にクリーム入れる

右手に持つ

絞り出し方のバリエーション、

くだもの飾りのバリエーション、

ここまでを、段階ごとにデモして、子供たちにやってもらう、

クリームが足りなくなった子のために、別にクリームを泡立てる

足してやる

回りを綺麗に拭いてあげる。

箱の組み立て方を教える

箱に入れる。

 

できあがりー。ってな感じです。

 

終わりのお話を、児童会館の館長さんがされているとき、

男子の一人が言いました、

「だからケーキって高いのかー」

そうそう!そうなんだよ!!よく気が付いてくれたね、

一切れのケーキを作るのに、この作業をするんだよ。

それは、材料費だけじゃない、機械的に塗って絞ってってだけじゃない、

細かな職人芸がプラスされて、

そして可愛いケーキ、カッコいいケーキ、面白いケーキができあがるの。

やればやっただけ、もっともっと楽しくなるよ。

 

また機会があれば、一緒にケーキを作りましょう。

 

 

 

 

うちでお留守番していたスポンジケーキ。

 

11日の講習のために10日焼いて12日の話です。

 

ジャムと、前日の残ったホイップクリーム。

 泡立てて残ったクリームを持って帰ってきてました。

 

イチゴジャムと生クリームだけですが、

これね、とっても美味しいのですよ。

 

 

スポンジは3日目ということになりますが、実に食べごろです。

焼き立てケーキが美味しいなんて、嘘ですよ。

だいたい焼き立ての熱いケーキにデコレーションなんてできないですから。

 

粉物は寝かしてなんぼのもん、まさにその通りのスポンジです。

 

お弁当。お弁当にケーキって変ですか?

え?だってお昼休みに菓子パン食べてないですか?

ホットケーキ朝食にしてないですか?

 

それしてるなら、こっちの方が絶対健康的ですよ。

横に苺やフルーツ入れて。

 

わたしはお菓子屋ですから、試作のお菓子や賞味期限のお菓子をお昼に食べます。

会社の自販機のコーヒーは紙コップで70円ですが、

美味しくいただいています。

 

 

2016年度も児童会館さまとはたくさんお仕事させていただきました。

お菓子作り教室には毎回たくさんの方が来てくださり、

定員越えもしばしばになりました。ありがたいです。

 

 

子供たち、ママと赤ちゃん、

おやつを手作りすることをここから初めて

なにかちょっとだけハッピーな気持ちが芽生えたらいいなあ、

 

「小学生の時、プロのケーキ屋さんに習ったんだよ」って

自慢してくれたらいいなあ、

 

 

と思っています。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 23:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【お菓子教室】はるにれ児童会館×苗穂連合町内会「親子お菓子作り教室16-4」

苗穂連合町内会とはるにれ児童会館の共同企画

「親子お菓子作り教室」

2月15日は

2016年度4回開催分の最終回で、バレンタイン企画と銘打ちながらも

サブタイトルには『惜しくも一日遅れちゃってゴメンナサイ!』

です。

 

★このブログの末尾に

作り方とレシピが載ったテキストへのリンクがあります。

どうぞダウンロードして印刷してご活用ください。

もちろんどなたでも。ただ商用利用はお控えください。

著作権は放棄していませんのでよろしくお願いいたします★

 

インフルエンザだったり、

体調不良だったりで欠席される方もいる中、

元気な親子さんが集まってくださいました。

 

開催時間となる14時からの数時間は

ちょうど赤ちゃんたちのお昼寝時間と重なることもあり、

またお兄ちゃんお姉ちゃんが幼稚園や学校から帰ってくる時間でもあり

 

「時間を取る」

 

ということ自体

 

ママたちって大変なんだぁ、って思います。

 

だから、もう来てくれるだけで、

 

「ありがとう」

 

って思います。

 

 

本日、今年度の最終回にあたり、

始めに長々と今までしなかった注意事項の話をしました。

 

今まで

教室なのに、

あまりにも野放しに、好きなようにさせていたことを

前回私自身が反省したからでした。

 

注意事項だけをここで簡単に書いてしまうと、

「伸ばす厚さは、薄〜くではなく、ある程度の厚みが必要です。」

 

前回、14日開催分ですね、

焼きあがってからの「割れ」が多かったのです。

原因1が、

焼きあがった天板からクッキーを冷ます網に移す際の

雑な扱い→これはわたしたちスタッフの反省点です。

熱いし急いでいるしで、多少割れてもしょうがない、って頭がどっかにあったと思うのです。

これは猛反省しなけれればいけません。

って話をスタッフ側にしました。

 

原因2が、

クッキーは薄い方が美味しいのではないか?という思い込みと

薄くのばした方がたくさん数が作れるという考えと

子供たちが、伸ばすの楽しい!って伸ばし過ぎることなど

いろんな思いが重なっての薄いクッキー

さらに、大きなクッキー、複雑な形のクッキー、

が焼かれ

原因1と相まって

 

割れてしまう。

 

それは・・・・

 

わたしは、作家としてとても悲しいのです。

だいじなクッキーが1枚割れたことだけで、わたしは悲しい。

 

だからそんな悲しい気持ちのまま

教室でみんなで作ったからしょうがない、ってあきらめて

帰って欲しくない。

 

そんな気持ちを語ってしまいました。

空気、

ちょっと冷えてしんみりしたかもしれません。

 

せっかくワイワイやろうって思ってきてくれた皆さんに

悪いことをしたなーって

またまた反省しました。

 

次回があるなら、

この反省点をプラスに転じますので許していただきたい、と

願っています。

 

 

そんなこともありながら、

やっぱりお菓子作りを親子でするのは楽しいです。

 

すてきな笑顔をたくさん、ありがとうございました。

 

◆親子お菓子作り教室クッキーレシピ テキストがあります。

材料と詳しい写真入り作り方が載っています。 以下のリンクよりpdfファイルを開きプリントアウトしてご利用ください A4サイズで9ページです。

http://cottontulip.com/for/kyoushitsu/oyakocookies2.pdf

★お金をとってのお教室やサークルでの利用不可。商用利用不可。著作権はコットンチューリップにあります。★

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 09:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【お菓子教室】はるにれ児童会館×苗穂連合町内会「親子お菓子作り教室16-3」

2012年に始まった

苗穂連合町内会とはるにれ児童会館の共同企画

「親子お菓子作り教室」

講師をさせていただいた。

 

 

2016年度は4回開催の予定で、1回目と2回目は2016年の12月にクリスマスっぽく終了、

3回目は今日、

そして明日が4回目。明日は1日遅れだけど両日バレンタインっぽく。

 

 

対象は、0歳児から未就学のお子様とその保護者。

 

テーマは一貫して「グニグニこねこねコロコロ」

と「ママの休息」。

 

そのテーマは、ずっと守られて続けてこられた、と思う。

 

児童会館でのお菓子作り教室はとっても楽しい。

職員のみなさんがほんとうによくしてくださる。

 

 

わたしのライフワーク「ママと子供」を形にできる。

その場所を与えてくださっていることに感謝している。

本当に、感謝に尽きる。

 

 

しかも好評。

 

 

参加親子は過去最多。

 

バレンタインなので、今回初めてココア生地も加えた。

白黒2色。

想像力を膨らませて。

 

 

 

素材は白と黒のクッキー生地。

みんないろんなことをやってくれる。

わたしの想像を超えていろんな作品が焼きあがる。

 

楽しい。

 

 

 

詳しい材料と作り方、

ママたちのお茶タイム用に出させていただいてるケーキのレシピも載っています。

↓コットンチューリップのホームページにもリンク貼ってあります。

http://cottontulip.com/for/kyoushitsu/oyakocookies2.pdf

pdfファイルです。

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 23:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【お菓子教室】はるにれ児童会館ご近所先生「バレンタインカップケーキ」

いつもお世話になっている苗穂はるにれ児童会館、

【ご近所先生お菓子作り教室】

2月4日(土)15名参加。今回は女子ばかりでした。

男子が入るとまた違った雰囲気の教室になりますが、

女子だけだと、真剣!な感じです。

 

 

バレンタインの「カップケーキ」

 

 

 

 

このあと、

生クリームをホイップして、上に絞ってもらいます。

 

カップケーキのレシピは、

こちら。クックパッドに載せています。

Cpicon ふたくちで食べるミニカップケーキ by cottonchu

この分量で底4.5cmのプリンカップに5個できます。

2~3日常温で置いてもとても美味しいレシピですよ。

 

今回のお菓子教室では、

3チームで1チーム12個焼いてもらいました。

分量÷5×12みたいな感じです。

 

このカップケーキに、それぞれ

泡立てた生クリームでデコレーションするのですが、

 

用意した生クリームがちょっと足りなかったです。

ここ、反省しています。

 

 

もっとモリモリに持ってデコる予定でしたが、

そこまで盛れず、

教室が始まる前にオーブン試し焼きで焼いた

ハートのクッキーや、

お菓子屋さんみたいなケーキピックを指して

子供たちなりに上手に可愛く仕上げくれていました。

 

次回はホワイトデー教室です。

子供たちとお菓子を作るのはとっても楽しい。

 

先生やってて良かった!って心から思います。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 08:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌カルチャーナイト「中央区苗穂はるにれ児童会館・生キャラメルレシピと注意事項」

2016年7月22日(金)札幌カルチャーナイト

中央区苗穂はるにれ児童会館「親子お菓子作り教室」

講師は、わたし、小林純子。

http://www.culture-night.com/sisetu/jido_harunire.php

 

作るものは

◆生キャラメル◆

レシピ

【材料】約40個分

細めグラニュー糖 100g

水あめ(はちみつ) 30g

牛乳 100

生クリーム  200

バター    10グラム

(お好みで、塩1グラム、イチゴジャム小さじ2分の1、コーヒーペースト小さじ1など)

作り方

1・砂糖と牛乳、水あめをフライパンに入れてごく弱火で砂糖を溶かす。

(塩を入れる時はここで)

2・砂糖が溶けたら生クリームとバターを入れる

3・煮詰めていく、25分から30分。

4・へらを手前に持って来て両脇からキャラメルが戻らないくらいが

煮詰め終わりのサイン。温度で言うと115℃。水が入ったコップに落としすぐ固まればOK。

5・型に流して常温で粗熱を取りその後冷凍庫。

固く煮詰めすぎてる場合は冷蔵庫にも入れなくても固まる。それはそれで良し。ただし固くて切り分けるのが大変です。要注意。

 

6・切り分けて、キャラメル用のグラシン紙で包めば完成。柔らかい生キャラメルは要冷蔵。

 

上の写真はコーヒー入り。バリエーションは最後に様子をみながら加える、

 

下の写真、

左が苺ジャム入り。右は塩無しのミルクキャラメル。

 

蜂蜜だと、茶色に色づくのが早くまた蜂蜜の種類で味が変わる。

水あめは、白っぽく仕上がるの色のあるものを作りたい時は水あめが適してる。

どちらでも可。

生クリームは、

動物性脂肪分が高い方がコクがあって濃厚クリーミーな中キャラメルになる。

今回は業務用45パーセントを使用。

しかし、

植物性でも、また牛乳だけでも作れないわけではない。作れます。ご安心を。

 

分離の原因としては

急激な高温による沸騰。

ぐるぐる混ぜすぎ。

分離をしたら元には戻らない、と思って良いが、分離した油分が黄色く固まる(これは味がない)だけで

キャラメルにはなります。家で食べる分には大丈夫。あまり悲観しないこと。

(牛乳を足して丁寧に混ぜて乳化させまた丁寧に煮詰めることで修復しました、っぽくできます。)

 

注意としては、

弱火でゆっくりゆっくり。汗ふきふき。

30分はかかるものとして覚悟して混ぜる。当然量を少なくすれば短い時間でできます。試してみてね。

 

煮詰めすぎてカッツンカッツンの飴になってもそれはそれで美味しい。

 

夏の疲労回復、イライラした時、乾燥で喉がイガイガするとき、

キャラメルは、口の中で溶けて

ほっとさせてくれます。

 

煮詰めるのが長くて、さらに砂糖の塊でカロリー高くてイヤ〜っていうなら、

煮詰めながらスクワットしてね!(^^)!わたしはやってますよ♪

 

 

JUGEMテーマ:手作り(お料理・手芸・園芸)

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室(出張講師) * 13:26 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ