パーティーに、ミント寒ミルク寒のフルーツカクテル

最近寒天も注目の食材らしい。

 

見た目も涼やか、

お口もすっきり爽やかになる、

ミントのリキュールを使った寒天と

牛乳の寒天がダイスで入って、

オシャレなフルーツカクテル。

 

お料理のあと、

次、デザートのケーキとコーヒーですよ、の間に挟むのが

効果的です。

 

 

上の写真みたいにワイングラスに銘々でもいいし、

大きなガラスのボールに作ってフルーツポンチみたいに

各自が好きなだけ持ってってもいいし、

フルーツはどんなフルーツがどれだけ入ってなきゃならない決まりもないし。

 

大勢集まるパーティーのお助けメニューです。

 

寒天だと常温でも固まっててくれて

ダレて来ない。

ミント寒、ミルク寒どちらも寒天で固めても美味しいです。

 

ミントリキュールの寒天

 

牛乳の寒天

 

寒天を固めている間にフルーツ準備。

旬の果物。

今ならかんきつ系。この写真はいよかん。

りんご、キウィ、バナナ、イチゴ、ぶどう、

缶詰だと桃やパイナップル、みかん、

 

寒天が固まったらサイコロ状に切る。緑ができたら、

 

白も。

 

全体をざっくりまぜる。

注意すべきは、缶詰の汁は、あれこれ混ぜないこと。使うなら1種類に。

使うとしても味見をして。汁だけ変な味だったりすることが稀にあります。

汁けは、お水にお砂糖、レモン汁、が無難です。

冷蔵庫で食べる直前まで冷やしておいて

盛り付けながら色身を調整。赤が足りない。苺かな?さくらんぼかな?

 

冷凍ブルーベリーは注意が必要。

ミルク寒天と接触すると、白に赤紫色が移ります。

 

■フルーツカクテル

【材料 5人分】

りんご 2分の1個

いよかん、オレンジなど柑橘類 1個

キウィ 1個

イチゴ 5~6粒

バナナ 1本

桃缶  1缶

フルーツミックス缶 1缶

などお好みで。

牛乳  250

砂糖  25g

粉寒天 2g

ミントリキュール 50ml

水   200

砂糖  25g

シロップ用

水   200

砂糖  小さじ1

 

【作り方】

1・ミントの寒天を作る

水に粉末寒天を入れて火にかけ混ぜながら溶かす。沸騰後弱火で2分、完全に溶けたら砂糖とミントリキュールを入れる

砂糖が溶けたら火からおろし、型に流しいれて固める

2・牛乳の寒天を作る

牛乳に粉末寒天を入れて良く混ぜ、火にかける。吹き零れないように注意しながら弱火2分。寒天が溶けたら砂糖を加え砂糖をとかす。型に流し入れ固める。

3・果物を必要に応じて皮をむき、一口大に切り、ひとつのボールに入れて冷蔵庫で冷やしておく

4・耐熱カップにシロップ用の水と砂糖を入れ、電子レンジで加熱して砂糖をとかし、冷蔵庫で冷やしておく。

5・1と2が固まったら、型から出しサイコロ状に切って3のボールに入れる。

6・冷えた4を5に入れて全体をざっくり混ぜる。

7・それぞれの器に盛りつけたり、大きなボールに移し替えたり、その際に果物の色がきれいに出るように並べ替えをして提供する。できあがり。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * フルーツ * 18:22 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

バナナケーキ



週末の午後、お店に来て
ケーキセットを食べながら静かに時間を過ごしてくださる
素敵な女性のお客様がいらっしゃいます。

彼女が、
自分で作っておられるバナナケーキのお話をしてくださいまして、

参考に

キャラメルバナナケーキを焼きました。


参考にしたのは、
バナナが熟れてシュガースポットが出て
スーパーで半額のシールが貼られるような、
そういう完熟バナナを使うのよ、

ってとこ。

「これでもか!」っていうくらい、
オーブンの回る暑い部屋でほっときました。


お砂糖とバターでバナナをキャラメリゼして
 (これは彼女のアップルパイの作り方、を参考に)

カトルカール生地に混ぜて焼きました。


これは、
冷たく締まったところも美味しいですが、

オーブンで、外カリカリ、
中ふんわりに温めた方が美味しいです。

バナナとブランデーが香ります。

週末のケーキセットでどうぞ。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * フルーツ * 09:11 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

今日のおやつ「フルーツタルト」娘っちの作品

夜中にごそごそ、台所で作業を始めたうちの娘。
「小麦粉、使っていいかな?」
「卵、もらっていいかな?」
「賞味期限切れの粉砂糖、使えるかな?」

わたしは、寝ぼけながら、「う〜〜〜ん、だいじょぶじゃない?」
 (おぃおぃ、材料、買ってきたんじゃないのかぃ?)

夜中だぞ、ちょっとうるさくないか、まあ、いいか。。。。zzz



私の目覚ましがなる時間に(つまり、朝だ。徹夜したな、娘っち。)

「できたぁ!」

ジャーン♪



うわっ、可愛い♪でも、

「これは、プレゼント用。」なんだとさ。(誰にあげるんだ?)


「でね、でね、

こっちがうち用だよん。」


え〜っ?おうちのもあるの?(どれどれ、わくわく)




すごいすごい拍手

「みんなで食べていいからね」

わーいわーい
会社から帰ってきたら食べるよ。楽しみ楽しみラブラブ




美味しい。すっごく美味しいぞ。

今時期、イチゴなんて売ってないでしょ?

「そう、高かったさ。
 あと、中身のアーモンドの粉も、高かった撃沈

アーモンドの粉。。。。ねえ。
そっかぁ。
美味しいはずだ、タルトの中に詰まってるのはアーモンドパウダーと
卵と生クリームを混ぜて焼いたケーキだし、
タルト生地も、ラップに包んで冷蔵庫でちゃんと寝かせてたの、
お母さんは知ってるよ。
カスタードクリームもいい固さだ。

なにより、若いお嬢のつくるケーキは、華やかだ。

ちっちゃい方のタルト、
可愛くラッピングして、リボン掛けて、どこに持って行くのかな?

いいなあ、娘っち。


カリカリのタルトの中はアーモンドケーキにカスタードクリーム、
甘酸っぱいフルーツ、
けっこうおなかいっぱいになるね。
美味しかったよ、ごちそうさま。

また作ってね。
コットンチューリップ:小林純子 * フルーツ * 21:30 * - * - * pookmark
このページの先頭へ