キャラメルソース作りは、花畑牧場気分


キャラメルソース、作った。

グラニュー糖と生クリームとバターを煮詰めて。

今日は暑かった。
部屋の中30度、でも、湿度50と60%を行ったり来たり。
だからまだ大丈夫。
鍋のなか、フツフツ泡泡のキャラメルを混ぜ続けてると、

花畑牧場で、生キャラメルを作ってる作業工程を
ガラス越しに見学できる、
全身白い作業服着て、首にアイスノン巻いて、ひたすら
銅鍋の生クリームを煮詰めているあの光景を思い出した。

煮詰め続けていけば、生キャラメルができる。
そのふたつくらい手前でやめとく。


キャラメルソースは、
きび糖のケーキに塗る。

しかし、
きび糖のケーキがうまく焼けない。

今日も失敗。

うまくできればこんな感じになる。
ケーキに、ほんのり苦いキャラメルソースをたっぷり塗ってある、
これは、講習会で先生と一緒に作ったケーキ。
なかなかこんな風にキレイに焼き上がらない。。。。。


きのうと、今日、
2回焼いて2回とも失敗。
売りものにはならない焼き上がりだけど、
しっとり美味しい。

Cottonお嬢は、きび糖のケーキがお気に入り。
切り口を見て、
「あらららら〜〜、もうちょっとなのにね」
なんてわかったようなこと言いながら、
「でもこれ、好き」って、食べてくれる。

うちで作ったキャラメルソースは、ミルクキャメル味。
焦がすのをほどほどにして、苦味を抑えた。


よかった失敗作でも美味しくて。

そうなの、困ったことに失敗作でも美味しい。
だから、食べてしまう。
何度でも食べてしまう。。。。。


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * ソース・クリーム * 00:06 * comments(4) * trackbacks(1) * pookmark
このページの先頭へ