栗まんじゅう

試作だけれど、

評判がすこぶる良い(^O^)

 

 

栗まんじゅう

先日習ってきたレシピと、うちにある何冊かの本の中にある栗まんじゅうのレシピを

いいとこ取りし、

中に入れる栗はわたしが好きな味に洋酒に漬け直したりして

栗まんじゅうだけど、ちょっと洋菓子テイストを加えた

コットン流の栗まんじゅう。

皮はなるべく薄くしたいなー

けしの実、いっぱいついてるのが好きだなー

栗もいっぱい入ってるのがいいなー

塗り黄身は側面までしっかり塗って焼きたいなー

 

自分が好きだと思える栗まんじゅうに近づけたい。

 

 

大好きな人たちに食べてもらいたい

ラッピングもぬかりなく。

 

あともうちょっと、足してみたらどうかしら、

と思っているひと手間がある。

 

もうちょっと。

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * * 21:43 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

栗のシロップ漬け

おはり子さんのご実家の栗をいただいて、

シロップ漬けにしようと、

栗を煮ている。

ケーキに使うか、栗ぜんざいにするか、栗ご飯にするか、

どうするにせよ、シロップに漬けておけば、

お楽しみににんまりする。

 

 

毎年彼女が届けてくれる栗。

彼女が作る渋皮煮は毎年毎年進化する。

わたしはそれでモンブランを作る。

 

 

実は、

栗を届けてもらってからずいぶんと日がたった。

早く煮ないと、と気持ちが急く中、風邪を引いたり大量注文が入ったり。

 

やっと、煮る事ができた冬の夜更け。

栗を煮る時、自然と出てくる「里の秋」のメロディ、

くーりのみぃ、煮てぇます・・・

 

 

しーずかぁなぁ静かな、さーとのああきぃ

「里の秋」の詩は深い。

ちょっと他の童謡とは違う。

オリジナルの3番と4番が書き換えられ、今の3番となっているそうだ。

 

栗の実、煮てますいろりばた。

 

僕と母とふたりで南方へ出征した父の無事を祈っている、そういう歌詞。

(書き換えられた3番と4番、特に4番は、子供にこんなことを言われた母は、どういう顔をしてどう言ってあげたら良いのやら、とつらくなる、それは今の時代だから、いろんなことがわかった今だから言えることかもしれないが)

 

これから子供たちが、この歌の「僕」のような思いをしない世の中であって欲しいと

祈りながら

栗を煮る冬の夜。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * * 02:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ピュアマロン

「ピュアマロン」のケーキ。

栗のペーストとクリームチーズ。
とっても香りが良いケーキ。

トロンとしたケーキ。

モンブランのように
栗のケーキとわかる見た目ではないが、


フォークで口元に運んだはずが、
鼻が先に反応する、「栗だ」と。
 
このケーキには、思い出が多い。
ひとつひとつを思い出すと切なくなる。



 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * * 00:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

栗のペーストとクリームチーズケーキ「ピュアマロン」 


栗のケーキ。
 栗、とわかるような姿での栗は入っていないが、
 栗のケーキ。

 マロンペーストとクリームチーズ

 濃い系。洋酒が鼻先で香る
 
 わたしの焼く焼き菓子系のケーキにしては、
 常温ではなく、冷蔵庫保存をしてほしい部類のケーキ。

 冷たくても。

 外側をカリカリに焼いて、あったかくしても。

 どれもまた、お好みで。


 こんな栗のケーキは、なかなか探してもないんじゃないかな。


 ホール2200円
 8分の1カット 280円

 お食事あとのデザートなら、一番上の写真みたいに、
 16分の1に カットしてもじゅうぶん。

 小腹が減った 3時のおやつには、8分の1のカットサイズ。

  


 カットケーキは、側面が乾燥しないように、
 アルミホイルのお皿、ぴっちり貼り付ける用に
 保存、してね。
 でも、できるだけ、お早めに召し上がれ。 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * * 23:59 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

ピュアマロン・・・栗のケーキ


今までになく綺麗に焼けたのは、
中古ではあるけれど、なけなしの貯金をはたいて買った
業務用オーブン「リンナイのガスコンベック機」のおかげでしょうか?

(いやいや腕が上がったのだよ、と言ってよ誰か。)


マルグリット型、綺麗に焼けたので
ギフトセットに入れさせていただきました。
 受け取られる方は幸せですね、美味しいですよこのケーキ。


栗のペーストとクリームチーズ、
ラム酒とブランデー。
香料なんてなんにも入れていないのに、

とーっても良い香り。芳醇。です。


今回はじめて四角でも焼いてみましたよ。
四角は包みやすい
イコール、空気を押し出しながらぴっちりラッピングできるので
風味が損なわれにくくなる。



ピンクの苺のスリムケーキと
こちら、栗色のピュアマロン、来週あたり「カフェマルシェ」に
置いてみようと思います。

カフェマルシェは、にんにくを始めとするお野菜を作っている
三浦農場さんがオーナーのカフェで
実際にお店にいてお料理してくれるのは、
柏木君という、ひょろんと素敵な男子です。

「こばやしさんのセレクションでお菓子を何点か」
とご注文をいただきましたが、
「やっぱり、ラスクが」とのことなので、

にんにくラスクと、キャラメルラスクを
明日納品させていただこうと思っています。あらあら
ピュアマロンのお話でしたのに(^◇^)

ではでは。



JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * * 20:26 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

宿題ケーキ「ピュアマロン」


課題のケーキ「ピュアマロン」を焼きました。

火加減や時間を変えて何度焼いても、
先生のケーキのような、焦げ茶色の焼き色がつきません。

わたしの栗色は、この色、ってことなんでしょうか、
それとも、まだまだ改良の余地はあるのか、きっと、またオーブンが変われば
違ってくるのでしょう。

焼いたばかりなのに、
「食べたい!」というCottonお嬢。
学習しない娘だな、
ちょっと時間おいた方が美味しいよ、と何度言っても、
「すぐ食べたい」。まあわかるけどね。

カットして、普通にみれば、こんなんだけど、

見ようによっちゃ、ハート型。


栗がごろんごろん入ってるわけじゃないんだけれど、
ほぼマロンピューレとクリームチーズのケーキ。

最近になって、このケーキの美味しさがわかってきた。
それは、
1期先輩のRayさんのおかげ。
Rayさんの「ピュアマロン」は、とっても美味しそう。
焼いてる数がぜんぜん違うもの。
わたしも、見習ってがんばらないと。


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 10:50 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

デーツ入り栗蒸し羊羹と天草(てんぐさ)


先週、ずっと煮ていた、栗の甘露煮で作った、

「栗蒸し羊羹」それも、「デーツ」入り(*^_^*)

ねっとり系です。


デーツ(ナツメヤシの実)って、甘〜いですよね、
その甘さと、ねっとりこってり感は、なにかにたとえよ、と言われたら

「餡子のようで、
   干し柿のようで、・・・・」

だからいつか、あんこの中にデーツ入れてみよう、って思ってたのです。


だけどね、

デーツが入ってるんだよ、って言わないと、
誰にも気がついてもらえない(-_-;)
これは、
成功なのか、失敗なのか、
作った本人としては、反応に物足りなさを感じてしまいます。


試食した人の感想はまず、

「栗、ごろんごろん、いっぱい入れて贅沢だこと!」

次が、

「大変だったでしょ、栗、煮るの」・・・・(^_^.)


ええ、まあ、大変っちゃあ大変なんですけど、
美味しいもの食べたいんで、このくらい、やっちゃってます。


渋皮煮も、甘露煮も、両方やってみて、
かかる手間は、どっちもどっち、ってやってみたらわかったです。
そう、どっちもたいへん。
どっちも、完成品、ビン詰や缶詰で売ってます。
でも、手作りしちゃってるのは、手作りしたほうが、
たくさん、美味しいものを食べられるから。

基本、くいしんぼうなんですね、わたし。


甘露煮と、渋皮煮、
どっちが好きかなあ??
最近のお菓子屋さん的傾向は、「渋皮煮」かなあ〜??
どうでしょうか。



撮影用もかねて、
久々に茶筅出して、お抹茶点てたら腕が痛い(-_-;)
意外と軟弱ものでした。





あと、
そうだ、上に塗ったつや出し寒天の話ね。

寒天寒天って探してたら、

本物の乾燥天草(てんぐさ)が出てきました。
ずーっと前に、岡山の友達が、ふた握り分くらいの天草を
荷物に入れて送ってくれてた。
ふのり(ヒジキとはちょっと違うか、)の色がない、海藻って感じで、
「これって、寒天として固まるのだろうか?」と
失礼だけど疑いながら、煮溶かしたら、ちゃんと固まった。

すごいな、よくこれが寒天になる、って
最初に気が付いた人って、すごいわ。


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 02:30 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

にょろにょろが難しい「モンブラン」



モンブランクリームを絞り出す口金(小さい穴が9つ開いてる)、
前から持っていたけど、初めて使ってみたら、

むずかしい(>_<)

手作りのマロンペーストで作ったモンブランクリームは、
すぐ、
詰まる(>_<)

2度3度濾して、滑らかなクリームにしたら、
滑らか、通り越して、「ゆるい!」と娘に言われた。

固いと、
出てこない。


カップ麺の、お蕎麦みたいな、にょろにょろモンブラン
絞り出しの練習が必要だ。


モンブラン、わかっちゃいたけど、手間がかかるお菓子だな。
まず、栗の準備に1週間。
 (マロンペースト作っておく、トッピング、または中に入れる栗も煮ておく、
  とか、やっとかないと、いけない。
  もちろん、ペーストもクリームも煮た栗も売ってるけどさ。)
組み立てるのも、
土台を焼いて、真ん中の栗と生クリームをどうあわせるか、とか
そして、にょろにょろ絞り出し、

白いお山も、制覇は楽じゃあない。
なのに、
「モンブランが好きだ」という人が、周りに多い。
となれば、
作るしかない。わたしの性格。


超満足の「洋梨のタルト」と、課題多しの「モンブラン」で
ザ・秋の洋菓子

「梨は美味しかったけど、栗は、ゆるくない?」が娘の評価。
「いやいや、どっちも美味しかったよ」は、家族外の評価。
甘んじる事無く、練習あるのみ、だ。

JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 06:15 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

栗の渋皮煮のタルト


美味しく煮えた「栗の渋皮煮のシロップ漬け」を
タルトにしました。
  モンブランもしたかったんだけど、このタルト、
  工程が多くて、引き続き「モンブラン」は挫折しました〜(>_<)以外と根性なし、悔しいな。

フィナンシェの生地、卵白とアーモンドプードルの優しい生地に合うんだわ、
六花亭が、フィナンシェに栗をいれて「プライム」という製品にしたの、
わかった気がします。
わたしも、四角い型に入れて、フィナンシェにしようかな、と思うもの。


しかし、栗、美味しい。
渋皮煮を教えてもらって、作って、ほんとうに良かったです。


大きな栗なので、ケチって、15センチ丸型に4つ、トッピングしたけれど、
4分割で食べるには多いから、8分割か6分割、
そうすると栗が乗らないピースもあったりで、
だったらば、二つ割にして、ぐるり8個並べたほうがよかったと反省しています。

今度作るときは、そうします。
それか、四角、長方形に入れてフィナンシェにします、うん、どっちか、だね。


まるチビバージョンもあり。



このタルト、実は、カスタード生地に
皮付き薄切りリンゴのロースト、埋めています。
「サンつがる」という品種。もちょっと酸味の強いリンゴのほうがよかったかな。
というわけで、
引き続き、「紅玉」札幌近郊ルート探しています。



★栗の渋皮煮の作り方をまとめました
http://cottontulip.com/kuri/okashi_kuri.html




JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 05:28 * comments(6) * trackbacks(0) * pookmark

冷凍*栗の渋皮煮


2日前に急速冷凍した「栗の渋皮煮のシロップ漬け」です。

糖分が多いので、すぐに溶けてきます。

この半解凍のシロップが(*^_^*)
栗のシャーベット!

とーっても美味しいです。

この半解凍の状態で、牛乳に入れてシェークしても
美味しいです!

シロップだけの冷凍も、有り、です。


肝心の栗。
解凍後の姿。オッケーだと思います。

べちゃ〜って崩れ溶けたらいやだな〜って心配もよそに、
冷凍前と違わず、
これなら、ケーキのトッピングに1個まんま使っても大丈夫そうです。

スプーンで割ってみる。

ぜんぜんオッケー!(^^)!


なので、即効、全部の渋皮煮シロップ漬けを冷凍庫に移しました。


だけど、
冷凍から出してすぐ使う分だけ出せるし、
解凍時間短く、すぐ使えるし、
来年を待たずに今からもう使い切ってしまいそうで
それが心配です。
もうあと1キロくらい煮ておいたほうが良いかしら?




★栗の渋皮煮の作り方をまとめました
http://cottontulip.com/kuri/okashi_kuri.html


JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * * 02:22 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ