母屋解体後170211-12:00

 

母屋解体後の、掘られた穴はそのままの状態。

 

それがイヤだとか迷惑だとかという話ではなく、

これはしばらくこのままでもいいのかな、という話。

 

母屋と、わたしのいる工房は同じ住所なので、

郵便配達の方が訪ねてきて、

「同じ住所だけど、ここじゃないですよね」と

家の持ち主宛ての郵便物をちらりと見せる。

はい、ここじゃありません。

 

またある日には、

穴の横に車を止めて窓を開け、助手席の方と穴を見て

「ほら、これ、あれだよ」と、

きっと砲弾騒ぎのニュースのことでも話をしているのかと思われたり。

 

 

 

この穴を、こないだこのブログに『漂流教室』のようだと書いた。

『漂流教室』は漫画家の楳図 かずお(うめず かずお)が1972年から1974年まで少年サンデーで連載した漫画だ。

『十五少年漂流記』がベースで母子の愛と、公害がテーマになっている。

わたしはリアルでは読んでいなくて、その後ずいぶんたって単行本を読んだのだが、あの時代にこんなことを考えるなんて楳図 かずおって天才だあ!って思った。

 

漂流教室で消え去った学校の跡に空いた穴は、

ふつふつと、ゴミや汚物や公害で生まれたものが発酵して有毒なガスを出していた。

 

 

だから、

忌まわしい母屋があった場所に空いた穴は、

『漂流教室』のようだ、と思った。

 

今まさに、この穴から、

中川家がしてきた、人々をいや〜な気持ちにさせるさまざまな事が

雪解けといっしょに蒸気になって空気にまざって

空に溶けているのだろう、

少しずつ消えていってくれたら、と思う。

 

何十年ものあいだに、

 

中川家と母屋の住人によって傷つけられ去って行った人々が

この穴の存在と穴になったいきさつを知り、少しでも

心に平穏を迎えてくれたら、

と心から思う。

 

 

春が来て、

この土に、草が生える頃には、

 

もしかしたら、誰かが

「糸守町」のようだ、と言うかもしれない。

 

 

 

爆弾と暮らしていた磯田さんが餌を置いて

スズメたちが来ていたバードテーブル。

試しに、パンを置いたらスズメじゃなくカラスが持っていった。

スズメ用には「パンくず」じゃないとダメかもしれない。

バードテーブルを覗きに行ったら、米粒が乾いて残っていた。

 

ねずみを水死させ道路っ淵に転がすような事をする反面

バードテーブルにスズメの餌を置く、不思議な磯田さんだった。

生活保護を受けながら、スカパーをつけゴルフに行き、風呂は蔵の湯に行く、という不可解な磯田さんだった。

どういういきさつで仏壇に砲弾を置いていたのか、仏壇を置いてどこに行ったのか、誰もが知りたいけどもうかかわりたくない磯田さんだった。

 

※注意:楳図 かずおの漫画は基本ホラーなので、気持ち悪いです。

※糸守町は、映画「君の名は」に出てくる村の名前です。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 12:22 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

母屋解体170206-9:00

170202・8:40

 

170203・9:17

 

170203・16:13 うちの窓からガラス越し撮影

 

170205・9:39 南側に家が無くなり明るくなった。

日差しがいっぱい入って、暖かい。

 

うちの前にぼっかりとあいた穴。『漂流教室』みたいだ。

170206・9:23

 

170206・9:24

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 13:56 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

母屋解体170128-10:00

人が住まなくなった家というのは、こんなにもみすぼらしく屍のように見えるものなのか。

彼が出て行ってから3日目の朝だ。

昭和が、終わる。

1/26の強制執行からまさかの砲弾見つかる事件

翌1/27は業者さんが来てまず雪で狭まった道を広げ、

杭とひもで囲ったこの部分にあった木の塀と

樹木を撤去した。

 

塀はほぼ朽ち果ててはいたが、

「紫陽花の家だね」と言われるくらい大きな水色の紫陽花が咲き続ける

大きな紫陽花の木、

佐川急便の箱車や、となりのレッカーサービスのレッカー車が通るたび

頭こすって邪魔だと言われていた楓の木、

6月に儚げに香りを運ぶリラの木、

 

みぃ〜んな一瞬で無くなりました。

 

 

家の中で作業員の方たちが煙草を吸っている。休憩中。

畳を全部外に出し終えた模様。

 

磯田さんは家の中では煙草を吸わない方でした。

必ず外にでてぷか〜っとやっていた。

家に臭いがつくのがいやだったのか、壁が黄ばむのが嫌だったのか、

今となってはどーでもいい、

仏壇に砲弾置いて、

仏壇残して出て行った人だ。

 

 

内側を先にやります、って業者さんは言っていた。

今日、内側壊してみんな持って行くんでしょう。

 

昭和の建物が、またひとつ無くなります。

 

なるべく記録します。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 10:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌市中央区北1条東11丁目砲弾

この家の奥に工房があります。

この家は工房の元家主宅。家主の一人であるあや子さんの息子氏が住んでいる。

退去し明け渡し請求事件という3年に渡る裁判でこの家は1月26日に強制執行となりました。

この写真は1月26日の朝。

住人の息子氏は不在、と思われる。

 

朝9時に裁判所関係の方々が集まり中に入る。

10時ごろから大型の箱型トラックが来て、荷物を運び出し始める。

荷物はほぼ梱包済みだった。

息子氏が梱包したと思われる。本人はやっぱり居ない。

 

11時、わたし出勤のため工房を離れる。

そうして、20時コールセンターの勤務が終わり帰宅と同時に携帯電話を確認する。

コールセンター勤務中はほぼ携帯電話は見ないし、音も出ないようにしてある。

まあコールセンターで働くにあたってのわたしのお約束のようなものだ。

 

やたら着信が多い。

メールのひとつを開くと

「大丈夫?ニュースみたよ、大変だったね」

 

え?

ニュース?

 

どのメールもそんな感じ。

そして「あの人、砲弾持ってたんだね、」

 

え?

砲弾?

 

そこで、住所と砲弾で検索すると

UHBニュースが出てきた。以下それ。

 

 

北海道文化放送 1/26(木) 19:35配信 

札幌市中央区の住宅で砲弾が見つかり、周辺住民が一時緊急避難しました。

 1月26日午後1時20分ごろ、札幌市中央区北1条東11丁目の一般住宅で、仏壇の中に砲弾があるのが、見つかりました。  警察が、付近の住民20人を緊急避難させました。  砲弾は自衛隊によって、約3時間後に回収されました。  砲弾は直径8センチ、長さ15センチ程の古いもので、信管はついていませんでした。

UHB 北海道文化放送

 

避難所となっていたのは

苗穂まちづくりセンターだそうです。

「小林さん、来ないなあ」って心配されていたそうです。

 

 

わたしは、そんなことになっていたとは夢にも知らず、

サツエキ北のビルの中で発信業務してました。

爆発してたら、ぷっちゃんもさっちゃんもどうなっていただろう、

 

ざわざわと震えがきます。

 

 

今日から母屋の解体作業が始まります。

これ以上おかしなもの、危ないものが出て来ませんように。

なにも埋まっていませんように、

願うばかりです。

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 10:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

公証人役場にて

公証人役場にて、

工房の建物を、地主・家主である遠藤興産の社長さまと

賃貸借契約を締結完了。

とりあえず期間3年。

 

 

2013年の12月も末近くに、札幌地裁にひとりで行き、

途中で弁護士さんに代理人を依頼し、

まるっと3年。

やっとやっと、ふつーの「賃貸で家を借りて、菓子製造業を営んでいる」状態になれました。

 

大通り公証人役場は、

遠藤興産と同じ道銀のビルの10階、こんなところにあったのですね、

と初めて知る。

 

帰宅後、地下鉄コンコースのミスドで買った

ドーナツ、

オールドファッションとチョコレートでコーヒーの時間、

 

なんだか、やれやれ〜〜〜〜、だなあ。

 

あとは、

 

1月26日の期限までに母屋の住人が問題なく退去、

もしくは

1月26日に裁判所がやってきて強制退去となるか

 

で、終焉となる・・・・・予定。

 

ここまでこられたのも、すべて、ほんとうにすべて、

代理人堀岡弁護士のおかげだ

裁判が終わってから、ずーっと会っていないので、きちんとお礼も言えていないような気がする。

この場を借りて、

ひとことお礼を書いておこうと思います。

 

「小寺・松田法律事務所の堀岡先生、本当にありがとうございました。」

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 22:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

塩クッキーが焼けていますが、

塩クッキーが焼きあがりました。

ロングセラー、塩クッキーには感謝しています、

開業以来この子には本当に助けられている。

この子を商品開発できてほんとうによかった。

焼きあがり、

味見をひとつ、口に入れて「うん、おいしっ♪」今でもわたしはそうです。

 

 

 

クリスマスが終わったらヒマになるかと思いきや、

いっこうにヒマにならず、

 

相変わらず徹夜の日々を送っておりますコットチューリップの小林です。

 

 

徹夜による弊害は、

 

夜のお風呂に入れないこと。

それは不潔とかを通り越し、

工房の場合、

お風呂の排水溝が凍結してしまう、という一大事を引き起こします。

 

水道管の凍結なら予防として

水抜きして寝るとか、方法があるのですが、

排水口から床下、土の中となるとそうはいかず、

予防策は、

毎晩浴槽にお湯をためてお風呂に入って、そのお湯を抜く、か、

または深夜に排水口に熱湯をやかんやお鍋で三つくらい流して寝るか、

 

徹夜製造作業は、

そういった凍結予防策を怠ってしまう危険性があり、

 

というか、

 

思い切り凍らせてしまったのでした。

 

 

 

熱いお湯を流すこと何往復、やっと開通して、

そのあと、

お風呂掃除をして、

 

 

ああ、徹夜であってもお風呂には毎日入らないと!

 

と改心したのでした。(チーン、ナムナム)

 

 

 

一向にヒマにならない、

ここに話を戻しますと、

 

おかげさまで5月までの予定が埋まりました。

 

特に5月はちょっと忙しいです。

苫小牧があります。

それと、サッポロさとらんど様よりお話をいただいております(予定)。

 

苫小牧は決定です、

5月28日(日曜日)。今からもう予定しておいてください。

朝、高速でまっすぐ苫小牧入りしていただいて、

コットンチューリップのお菓子を買っていただき、

その後、ゆっくりと千歳や恵庭で遊びながら札幌に帰ってくる、

 

そんなドライブ、いかがでしょう?

恵庭、お花たちが良い季節だと思うのですよ。ね?

 

 

さとらんどさまは母の日にぶつける感じです。

こちらも予定してみてください。

 

5月というとまだ肌寒かったりしますけどねー、

雪が解けて、

北海道民としては、お外へ出かけたくなる気持ち200%ですよね。

 

ハルテラスも桜が咲くことでしょうし、

ハルテラスより先に工房の桜も咲く、はずです。

 

はずです、

というのは、うちの桜の木、もしかしたら切られてしまうかも、しれません。

 

 

昨年秋、

悲願の、工房裁判が終わりました。3年かかった裁判がやっと終わり、

なんとか工房は存続いたします。

 

ただ、問題となった、母屋は取り壊しが決まりました。

1月中にも取り壊しとなる予定ですが、

天候などにも左右され、予定通りいかないかもしれません。

また、母屋は裁判所より、取り壊しに伴い住人には退去勧告がされましたが、

いまだ、出ていく気配は見受けられませんので、

もしかしたら、一悶着ふた悶着あるかもしれません。

 

 

コットンチューリップは、

まあ今年は、今まで通り、ここに居ます。

 

ほんとにほんとに、溜まってきた包装資材や、伝票帳票類など

きちんと整理しないと、たいへんなことになっている西側の一部屋。

 

なかなかヒマ〜〜〜っと言える日は遠いみたいです。

 

がんばるわ、わたし。

 

好きなことをさせていただいているので、不満はありません。

わたしの努力が足りないだけです、ふぁいとふぁいと。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 14:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

工房リビングにライトが着いた日

工房リビングの照明が、

LEDペンダント照明昼光色になった。

 

6年目にしてやっと、買えた。

悲願だった。

 

工事の時から使っていた現場用の照明をそのまま、

使っていた。

照明というと聞こえはいいが、

裸電球に、電球が割れないように鉄のガードをつけて、長いコードで

どこでも手元を照らせるようにクリップが着いた、

作業用だ。

「裸電球」イコール「かぐや姫」の世界だ・・・・と言っても

「誰それ?」「何それ?」のふた昔もみ昔も前の例えになるが。

 

 

 

実の弟には「こんなの、使ってるんだ」と

あからさまにバカにされたりした。

 

そこまでいう人はさすがに弟以外にはいなかったが、

 

暗くて、

目が疲れたし、

お料理の撮影にも難しかったし、

 

ずっとずっと、いつか余裕ができたら

「普通の電気」にしたい、ってずっと思っていた。そう、フツーの。

 

今日、

 

やっと買えた。しかもELDだ。

ヒモ引っ張って、ぱっと部屋が明るくなった時は

あまりの眩しさに目を伏せて、

そして、

あるシーンを思い出した。

 

・・・・・

 

純 「電気がなかったら暮らせませんよ」
五郎「そんなことはないですヨ」
純 「夜になったらどうするの?」
五郎「暗くなったら寝るンです」

 

そして、その後に、

風力発電で、裸電球に灯がともった、そのシーン。

 

 

 

あんな気分。

工房は、「北の国から」みたいな感じ、を引きずった建物です。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 21:43 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

工房その後

絢子さんとお兄さんを相手に起こした

裁判の判決を受け、

工房の建物をわたしの単独所有にする手続きを終え、

それを踏まえての、

今度は、わたしが地主にこの建物を売るという、 売買契約が

 

本日終わった。

 

3年かけた裁判がやっとやっと終わろうとしている。

(まだやらなきゃならないことはあるんだけどね)

 

あとは賃貸借契約。

 

これが済めば、 その契約書に表記されている期間は ここにいて良い。

 

やっとやっと、ここまで来た。

 

根耳に水のあるひ突然の退去請求から

 

思いもよらない裁判に係ることになり、

使わなくいいお金をずいぶんと使った。

しなくていい回り道をした。

 

 

たくさん、学んだ。

 

 

 

売買契約の場所となった司法書士事務所から

大丸のアフタヌーンティーにて、一息。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 19:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

変わりゆく北1条東11丁目。

昭和初期の風情が残る、

札幌市中央区北1条東11丁目界隈。

 

この古いみすぼらしい建物たちが、無くなりそうな危機感を感じている。

興味がある人がいたら、

どうか、写真なり、文なり、絵なりで、

残しておいてほしい。無くなったら、もう2度と戻らない。

 

北2条側から撮った

北1条東11丁目角の住所表示。

これが着いてる建物は、元はんこ屋さんだったそうだ。

わたしが苗穂にやってくる前から廃墟となって今にも崩れ落ちそうだが、

まんまの状態で、有る。

 

うわさでは、売るも貸すも壊すもしないそう。

 

 

最近、この一角に変化が起きてきた。

 

まずは、この下の写真の手前、車が駐車してるとこ、

ここは、こないだまで、「中野洋服店」だった。

おじいちゃんが居なくなり、嫁いだ娘さんたちがやってきて片づけ、

あっという間に取り壊し、更地になって、

もう雑草が生えてきた。

大きなガラス窓から見える中は、アイロン台があってオーダーメイドの紳士服、作ってたんだろうなあ、って思わせる店構えだった。もう、無い。

 

 

その隣の建物には、雀荘の名残。たぶん?もちろん?どっちかな、非営業。

 

その隣の隣の建物の1階は居酒屋「どさんこ」さん。営業中。

 

道を渡ってとなりが、

そば処「なかお」さんと、スナック「ねぇ、あんた」。非営業状態でしたが、

現在お片づけ中(壊し中?)。

もう、ガワしか残ってない。

 

取り壊しブーム(?)の発端となる、

「若松美容室」は、壊すのねえ、と見ていたらなんと新築。

女性の店主ひとりで、新築って、すごいな!とは、ご近所のうわさ。

隣は12号線に面する「宮田自動車」の社屋。

 

「どさんこ」さんの向かいに

スナック「ラベンダー」があって、その小路を入ると

雀荘「友」。非営業ではあるが人は住んでます。

 

その向かいに駐車場。この辺、昔〜〜しは飲み屋さんがいっぱい入った雑居の建物があったそうな。

駐車場から見える赤い屋根は、

北2条北向きの「三軒長屋」

向かって右が喫茶「メトロノーム」改め「アンティーク」。

真ん中は旧「ハーレーズカフェ」で非営業の今は物置。

左は薬膳カレーの「モンキーバー」。

 

12号線からこの中小路(なかこうじ)までつっきる形の駐車上「タイムス」。

今年の4月27日オープン。オープン当初は最大料金600円だったのが、最近700円に値上げになった。こんなとこにタイムス?って思ったけど常に満車状態。需要あったようだ。

ここ、わたしがここに来た5年前には「笹庵」というお蕎麦屋さんがあった。

それが取り壊され、マンションギャラリーになり、工事の現場事務所になり、そうして、「タイムス」になった。

向こうに見えるのが「札幌市水道局本庁舎」。右隣はコンビニ「サンクス」。

この「タイムス」駐車場の北側に位置する「磯田さんち」。

そして磯田さんちの奥が

「コットンチューリップ」の工房です。

 

 

絶賛取り壊し準備中らしい、「そば処なかお」さん。

壊すんだろうか、改築するんだろうか・・・・・

きっと壊すんだろうな。そんな気配ムンムンの廃材積み出し作業中。

 

変わりゆく北1条東11丁目。

「中野洋服店」も、

「若松美容室」も、

写真、撮っておけばよかった。

それを言うなら、「笹庵」も、

写真撮っておけばよかった。

 

無くなったものは、もう戻らない。

 

 

コットンの工房も昭和8年にはもう有った、という建物だ。

この辺に残っている建物は、

その頃からのもの。

土はその頃からの土。

戦争や火事で焼けることなく残った建物たち。

 

 

もしもやむなく取り壊すならば、その前に、

有ったことを残したい。

 

 


JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 15:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

隠れ家的工房の写真

ちょっと提出する関係がありまして、
コットンチューリップの建物とその内部の写真を撮りました。

ギャラリーに使っている東の部屋と西のプライベートルームの写真は無く、
いつもお客様がいらっしゃって目に触れる分のみとはなりますが、

コットンの工房は、こんな感じってわかっていただけるかと思うので、
ご覧いただければと思いアップしました。


では、まず、外観です。
ぼろぼろの家です。
築90年以上は間違いなく100年くらいは立っていると思います。

よく壊されないで戦争にも耐えて残っていたと思います。
こんな家を借りて改装したのが、4年も前なんですね。2012年の5月から
工事は始まりました。現在もまだ未完成(-"-)
 

玄関開けると、
左がトイレ、右を開けるとすぐリビングです。

トイレ。

リビング。右手に見えるガラス窓。
この窓付きの壁でリビングと厨房を分けています。
ガラス窓は開閉ができないようにはめ込み式になっています。

ちなみに窓の上の額に入っているのは、お客さまからのお手紙です。
感謝状よりうれしくて飾っています。

8人掛けのテーブル。ガラス窓にホワイトボードをかけるピンが打ってありセミナーが開催できます。

窓の向こうが厨房です。左側のドアから厨房に入ります。

これがそのリビングから見て左側にあるドアと厨房の中です。

作業台。キッチンエイドが2台と、フードプロセッサー、ジューサーもここ。
下には家庭用のオーブンのヘルシオが2台とオーブントースター。
圧力鍋がふたつ。炊飯器がふたつ。

ガスオーブンと、冷凍冷蔵庫。冷凍ストッカー。粉とお砂糖、ナッツやドライフルーツの保存庫。

 

こんなキッチンとリビングです。

この他にラッピング資材が保管してある部屋があって、そこが東ギャラリーと呼んでる部屋です。


コットンチューリップの工房はこんな感じです。
外はおんぼろだけど、
中はけっこう近代的でおしゃれなんですよ。

遊びに来てね。
 
JUGEMテーマ:アート・デザイン
コットンチューリップ:小林純子 * 隠れ家 * 14:24 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ