お裁縫セット


手作りのお裁縫セット。

お友達のおはりこさんが、作って送ってくれました。
3セット。

 プラスチックのシール容器に、
 針と、糸を何色か、としつけ糸、まち針、はさみ、指抜き、針通しも入ってたかな、等々

 ここまででも、さすが、気が利くこと、って思ったけど、
 さらに
 こっから、気持ち。が嬉しい。
 
 お手製のひまわりのピンクッション。
 ぷらす、
 ふくろうのぬいぐるみ付き。

 福が来るように。←さすがだ。


これは、

東北の、

仮設住宅に送る。


お裁縫セットなんて、
いつも、なにげに家にあって、
あったって、普段の生活で、そんなに頻繁に登場するものじゃあなかったけれど、


被災地で、
「どんなもの、必要?」って聞いたら、


お裁縫セット。って。

たとえば?
もちろん、ボタンつけ。
ウエストサイズ直し、
裾サイズ直し、

そんな、日頃、意識しないでいたことを、する。

その時に、「無い」。
無いもの、だらけの中で、お裁縫セット。

「なくて、買った人もいるの」って。


だから。
おはりこさんに相談したら「いいよ」って、気持ちよく引き受けて、
そして、送ってくれた。
札幌から、東北まで、意外と運賃が高い。
なので、ほかの物資とまとまったところで、送る。

ってか、送りました。
ちゃんと届きましたので、ご安心を、おはりこちゃん(*^_^*)



震災から、
もう半年以上たった。

今、わたしにできること

このコマーシャルも、もう見なくなった。
テレビも、通常の番組だし、コマーシャルだし。


今も、わたしたちにできること、
それは
忘れちゃいけないこと。
なんじゃないか、って思う。





これは、
オマケかな、わたしに?(うちの娘に?)って送ってくれた
お弁当用ランチバック。結局わたしが毎日使っています。

巾着縛りができる、中蓋つき。さらに箸ぶくろ付き。

お箸入れね〜〜〜、あったらいいな、って思ってたよ。
いつも、お弁当箱といっしょに、包んでたけど、
お箸のほうが長いから、包みから飛び出すか、変な包み方になっていた。
お箸だけ、別に持って歩けて、コレは重宝。
ありがと、おはりこサンっ♪


JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 05:35 * comments(4) * trackbacks(0) * pookmark

牛乳

スーパーで、いつも買ってる牛乳の姿がない。

サツラクの牛乳(生乳100%のいわゆる牛乳)
1リットルパック 143円。

いつも行ってるスーパーでは、牛乳売り場の半分面積がこのサツラク牛乳。
500mlサイズも、200mlサイズも、
無い。

替わりに並んでるのは、
メグミルクとよつ葉。どっちも1リットルパック、195円。

成分調整牛乳も、日頃買わないけど、
たぶん、1番安い、123円が無くて、
160何円の2種類が置かれている。


牛乳売り場の前で、
わたしより前から、途方に暮れて佇むおばちゃん、
近寄ると

「こまったわ〜〜〜・・・・」


わたしも、
「ほんと、困りましたね」
「サツラクが、全滅ですね」


「そおなのよぉ、安いから、いつもここまで買いにきてたのに」
「あれなんでしょ?
 牛乳はあるけど、紙パックがないんでしょ?」


そうらしいです、

北海道の牛乳は、今、首都圏・東北の需要のために増産してるんです。

が、悲しいことに、
容器・紙パックの生産が追いつかない、って。

容器屋さん、
インク屋さん、
紙屋さん、
印刷屋さん・・・・・・


牛乳は、まず牛さんと、酪農家さんがいないと始まらないわけだけど、

わたしたち消費者に届くには、
いろんな人たちがかかわっている。

なにかがかけてもだめなんだ。北海道に住んでればいつだって牛乳に困らない、
なんて思ってちゃ、だめなんだ。


じわじわと、
あれがない、これがない、ってなってくる。


想像以上に長期戦だ。






JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

お菓子を焼ける幸せ

札幌で想う。

計画停電で、いつ停電が始まり終わるのか、という恐怖も無く
オーブンが使える幸せ。

牛乳も、小麦粉も、バターも、砂糖も、卵も、
いつもどおり、スーパーの棚にあって、
いつもどおり、買える幸せ。


高レベル放射能の危険地帯に、
置いてきた牛にエサをあげないと、って、戻って行った
酪農家のおばさん。

春の農作業があるからと、
その土地にとどまる、農家の方たち。

農地も、鶏も、牛も、
失ってしまった、農家の方たち。


その人たちがいてくれて、
届けてくれる人がいてくれて、

お菓子ができる。


お菓子屋さんになったら、
農産物を、たくさん買う。

甘くて顔がとけるみたいな、幸せをとどけるお菓子を焼く。


今も、こうしてお菓子を焼ける幸せを、
いつか、返すから。
待ってて。
待っててください。




JUGEMテーマ:手作りお菓子


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 11:47 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

地震から一週間たちました

先週の地震から、一週間、

今まで、あんまりテレビって見なかったわたしが、
ずっとつけっぱなしで、
ともすれば、
よりセンセーショナルな映像を、無意識に求めるように、
チャンネルを換えては、
夜中までも見続けていた。

ニュース自体は、どこの局でも同じ。
事実は、ひとつだから、当然といえば当然。

「VTRにまとめました」
「被災地の今のようすです」
「何々にお詳しい、まるまる先生をスタジオにお呼びしました」

各局の報道バラエティ特別番組は、
だいたいこんな構成で、

局によって、
体制よりなのか、
反対姿勢なのか、がちらほら垣間見れる。

一週間たって、
そろそろ、この垂れ流し報道に、視聴者は飽きてきたと思ったか
よりいっそう、バラエティ色が濃くなった

民放のCMがわりに流れるACの広告も、
最後に流れる「え〜し〜」の歌がきのうあたりからカットされてる。
そろそろ、身内でも
「え〜し〜、って、ウザっ」って感じるようになったのか。
それでも、いいかげん、
「楽しい仲間がぽぽぽぽ〜ん」は覚えてしまった。




天災のうえに、人災まで襲ってきて、

わたしは、怒りが
頭のてっぺんから発射されて爆発しそうだ。

東京の電気のために、
地方が犠牲になった。
いつも、犠牲になるのは、現場の前線の作業員、
幼い子供、
高齢者、
なすすべなく置き去りにされる動物たち。

何発もの怒りが、頭のてっぺんから発射されて、わたしの頭上は、
爆音と粉じんで、吸い込んだ肺が真っ黒になる




だけど、
いつまでも、テレビの前で、怒りの爆弾を発射し続けていても、
なにも変らない。

テレビを消して、

ATMから義捐金をふりこもう。
いつもどおり仕事をしよう、ちゃんと給料を稼ごう、
いつも以上に仕事をしよう、ちゃんと給料を稼ごう、
義捐金を、また、振りこもう。
テレビを消して、
ケーキを焼こう。
ちゃんと、予定どおり、ケーキ屋さんになる準備をしよう
ちゃんと、ケーキ屋さんになったら、
東北の農家でとれたお米や農産物を、たくさん買って
ケーキを焼こう。

政府や、電力会社の批判ばかりしてないで、

テレビを消して、

いつもどおりの生活を、
いつもより、いっしょうけんめい、やろう。




JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 16:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

仙台のいとこ

きのう、やっと連絡が取れました。



みんな元気だって、言ってました。



仙台市内でも、

家の損傷はなく、



でも、ライフラインはみんな止まり、

きのうくらいから、やっと電気が来て、

携帯が使えるようになったそうです。

インターネットは使えない、って言ってました。



電話をしたら、

給水車のお水をもらうのに、ちょうど今並んでるの、

長蛇の列で、まるで戦争中みたいよ、

って、戦後生まれなのに、言ってました。



札幌に逃げてくるなら、協力するし、

なんでも言って、って言ったら、



うれしいんだけど、

とにかく、ガソリンがないから、どこにも行けない、

ここから動けないの、



モノも送ってもらったって、

ここには、届かないよ、



って言われました。





今朝の新聞で、

宮城県も放射能レベルが、規定値を相当に上回っていました。



だけど、

生きるお水をもらうために、並んでる彼女に、

それが、真実の情報であったとしても

「外に長い間いるのは、危険じゃない?」なんて



言えませんでした。





ほんとうに、情報が欲しい被災地では、

テレビなんて見られません。

もう、

「報道バラエティ」は、考え直しませんか?
JUGEMテーマ:日記・一般


コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 09:46 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

地震

札幌。

大きく揺れて、
まだ
余震。

コットンチューリップ:小林純子 * 東日本大震災 * 15:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ