「食べログ」のこと

食べログレビュアーのトムさんが、自分のお店を始めたので、
今まで食べログに書いていた8000件だか9000件だかの日本1の件数を誇る飲食店の評価口コミ・写真が全部非公開となった。
つまり、飲食店をやってる者が他店を評価するのはいかがなものか、というのが食べログの言い分らしい。
そんなことがあり、
コットンチューリップの数少ない食べログ口コミからトムさん分が消えてしまった。
トムさんが来てくれたのは開業間もないころで、もちろんうちのぷっちんもまだ若いわんこの頃だ。

パンやお菓子も、若いというより幼い。
トムさんの口コミを見た、というお客さまも口コミのあとすぐにいらっしゃった。
そんな思い出が、食べログから消された。
食べログの考え方を議論する以前に、わたしは思い出が消されたことが悲しく腹立たしい。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 12:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スイーツ男子2「フィナンシェ」

前回は先月の8月に、甥っ子のバースデーケーキを作りに来たうちの次男坊。

 

本日はフィナンシェを焼いています。

 

写真の右端に写っているスプレー缶は、業務用の離型用オイルスプレーで

「使う?」と出してあげましたが、

 

「バター使う」と言って

バターを刷毛で塗って型を冷蔵庫で冷やす、という

正攻法でやっておりました。

 

わたしが納品に出かけた後、厨房をきちんと片づけて帰ったみたいです。

 

 

小学生の頃からケーキを焼いていた彼が

焼き菓子を焼いたのを見たのは初めてです。

型の準備、焦がしバターを作り、

焼き上がりを型からはずし、

丁寧に作業しておりました。

 

 

今、工房のレッスンに来ているのも男性ですし、

子供向けのお菓子教室にも男子がいっぱい来ます。

もはや、スイーツ男子はフツーのことのようです。

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 01:39 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

製菓調理専門学校の販売会に行ってきた

札幌ベルエポック製菓調理専門学校の、学生さんの実習販売会。

写真は整理券をもらって順番待ちの時間に、許可を取り撮らせていただきました。

 

すごいですねー。

4月に入学して、

半年で、これだけのことができるようになるのですね。

 

 

破格なお値段設定。

 

お客さんも、

たとえばフィナンシェを10個、

クッキーを10個、というふうに買っていく。

 

お客さんが、すごくたくさん来ちゃった時は、

個数制限がかかるそうだが、

昨日の場合は個数制限は無し、いくつでも買って良いとのこと。

 

みんなたくさん買うので、すぐにショーケースがスカスカになる。

バックヤードから、補充のケーキが間髪入れずに運ばれて並べられる。

 

 

 

わたしも入学したくなりました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 23:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スイーツ男子

甥っ子の2歳の誕生日にケーキを作る、

という27歳男子。

 

甥っ子と言うのは、わたしの孫っち。

だからこの27歳男子は、うちの次男くんだ。

 

彼は小学生の頃から、ケーキ作りをしている。

中学生の頃は、友達の誕生日にはこうしてケーキを作って

友達宅に持って行ってたものだ。

 

就職しても、ケーキのレシピを送ってくれ、

とメールしてきていた。

 

 

始めから終わりまで、

全部ひとりでやっている。わたしは手も口も出さない。

工房だけ、貸した。

 

見ていると基本に忠実。

 

かわいいのができてきた。

 

 

どんなのができるのか、お楽しみ。

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 16:02 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

5周年の日

今日、7月14日、創業記念日。

5周年。

5年前のブログを探したら無かった。

 

バタバタだったんだなあ、

ご心配かけました、わたしはまだお菓子屋をやっています。

 

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=822487

 

 

6年目に突入。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 11:59 * comments(2) * trackbacks(0) * pookmark

代理店展示会でいただいてきた試食品

17年5月23日、

2年に一度の、製菓製パン材料の代理店「金丸富貴堂」さまの展示会に行ってきまして、

いただいてきたパンフレットや試食品たち。

 

展示会は楽しい。

メーカーさんと直接お話ができる。

 

オナカも口の中も、スイーツ。

頭の中もスイーツ。

 

他社さまのお菓子をぞんぶんにいただいた後の〆は、

 

 

 

やはり自分ちのお菓子。ほっとする。

「レーズンとココナッツとチョコレートのケーキ」の端っこ。

 

 

JUGEMテーマ:札幌グルメ!!

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 02:32 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

あたりまえのパンを焼くということ

2017年3月7日に行われた

北海道公立高校の国語の入試問題四角3番

宮下奈都「転がる小石」による出典。

 

パン屋さん主催のパン教室に参加した「私」が、

講習を終え、

参加者が次々と感想を述べていく場面で、

参加者が述べるつるつるとした感想に戸惑う部分、

 

その後帰り道で

適当にやっていれば適当に生きていけると思いかけていた社会人10年目に

適当にやっていてはあのパンは焼けない、と気づく部分。

 

 

 

忙しさにかまけて、

お金が無いことを言い訳にして

新聞を読んでいなかった時には、

こんな文章が高校入試問題に使われてることも気づかなかっただろう、わたし。

 

当の受験生たちは、そんな感慨などなく、

問題を解くために読み込むだろう文章だけど、

 

 

多くの中学3年生の心のすみっこに、

街のベーカリーで売られている「パン屋さんのパン」は

当たり前に並んでいるものではない、って

ちょっと残ってくれるのかなあ、

 

そうならいいなあ、 と、焼く側のわたしは思った。

 

それと、

 

そうか、お菓子教室やパン教室に参加された人の感想は、

意外と本心とは違って、

当たり障りのないことだけしか言わないのか、

 

感想をうのみにしてはいけないんだな、

 

と教える側のわたしは思った。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 14:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

2016年度確定申告

やり直しをしながらも、できた数字は、

うん、まあまあ、って思うから、

 

 

 

いってらっしゃーーーい。戻ってこないでね〜。また来年ね〜。

 

 

切手140円貼って郵送します。

 


・・・・終わったぁ、じゃなくてエクセルの表をいじろうと思う。

 

「こうだったらいいのに」「ああだったらいいのに」

という5年間ぼやけてた課題が、

 

「もしかしてこうすればいいんじゃないの?」って見えてきたから。

 

2017年はもう始まってすでに3月、

急いでこっちも入力していかないと、また来年同じ苦しみを負う。

 

すでに始まっている。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 15:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

17-02月心境

もう3月だ。新年度からの事業計画を・・・・とフツーの企業のように、わたしも頭を捻ってみる。

 

やりたいことがたくさんある。

 

あれもやりたいこれもやりたい、もっとしたいもっともっとしたい(あ、(ー_ー)!!

 

砲弾騒ぎでうちの前が空き地になっている。

「どうもあの土地はこうなるらしい」と裏情報を聞きつける。

そりゃ困る、

「じゃあ、純子さんがこうしたら?」

いやそれはこうでしょ、

「じゃあこうしたら」

いやそれはああでしょ、

「あれもいや、これもいや・・」呆れた情報屋は茶化す。

 

 

そう、あれもいやだ、それもいやだ、これもいやだ、

全部いやだ、こうじゃなきゃいやだ。

 

イヤだ!と言う。

ノーと言える純子さん、だ。

 

もう、

いいよいいよ、どうぞ、それでいいですよ

とは言わないことにした。

にこにこ笑って、「それでいいです」と言ってきたわたしは結果、

「だから純子さんは舐められたんですよ」

ってことになってきていた。

 

それは困ります、こうしていただきたいです。

 

そう言おうと思う、もうわたしはネエチャンじゃない。

オバサンだ。

もうネエチャンではないことを自覚して、ちゃんとオバサンとして生きて行こう。

 

 

やりたいことがいっぱいある。

お菓子屋だけど、ベースのわたしは作家である。

焼き菓子作家。料理研究家。

作家であり研究家だ。

文章も書けば絵も描く。

食べ物や生き物のナゼを考え、

心のうちを発信する。

その上での、コットンチューリップのオーナーである。

 

やりたいことがいっぱいある。

身につけた資格、人脈、雑学、狡さ、強かさ・・・強かさ?ん?まだ負けてるな(誰って?土地を争うことになるかもしれない相手に)わたしはやっぱまだまだ未熟者だ。

 

 

さあ、明日はどっちだ。

 

 

「明日はどっちだ」真心ブラザーズの歌ばかりトップで表示されるんだな、わたしの心境は「あしたのジョー」的な。

おいらにゃ獣の血が騒ぐ、である。

尾藤イサオだ、知る人しか知らない、そんな時代になってきた。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 13:02 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

春待ちのつぶやき

21日か・・・・月末ですよね。
1月って長いですね、今月、お正月だったんですよ。

月末の支払いを前に、高価な材料を買ってしまいました。

「ピスタチオ」。

ピスタチオは高いですね〜。

何かに代替できないかしら?

色なら抹茶とか、
食感なら他のナッツとか、
たとえば、パンプキンシード(かぼちゃの種)とか。

いや、違う違う!

でもやっぱりピスタチオだわ、

頭の中で金額はじきながら決心し
「ピスタチオでお願いします!」と注文入れて、

さっき、引き取りに行ってきました。

他に仕入れた材料の箱に、
おひなまつりの材料カタログを入れてくれました。

春ですね、

バレンタイン、
お雛祭り、
ホワイトデー、
卒業、入学、
就職、退職、


ご注文が入っています。

春はちょっぴり切ない、そんな気持ちをお菓子にします。
 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 11:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ