唐辛子ほうずきバジル紅葉始めた蔦など

今朝の工房ガーデンの収穫物。

 

ジャガイモ掘りもニンジン掘りも済んでしまったし

カモミールもみんな切ってリースにしたし、

 

もうあんまり収穫するのがなくなってきて、寂しいな。

 

唐辛子のプチファイヤ、バジルの種、ローズマリーの種を

ハサミで切ってきて、

 

バジルは鞘から種を取り、

残った鞘は、カモミールのリースに刺した。

 

 

 

プチファイヤは観賞用として水に挿す。

1本の枝に薄緑、黄色、橙色、赤

いろんな色の実がついて楽しい。

一枝の実の数の割に葉っぱが多い。葉っぱをていねいに茎から取って

飾る。可愛い。

ぱっと見、ギンナンに見えるのは

食用ホウズキ。甘くて美味しい。

 

 

西側は、シュウメイギクが引き続き満開。

北側の他人様の家の壁の蔦が、紅葉して美しい。

 

秋、でんなあ。

 

しみじみ。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 22:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

カモミールのリース等ドライフラワー

玄関開けたらいい匂い。

 

雨上がりに切って来た、

もう今季最後かと思われるカモミール、

庭で咲きながらドライ化しているアジサイ。

 

 

いつまでも可憐で、甘い匂いを漂わせるカモミール。

 

枯れて、雨があたって、

しなしなな茎たちを束にして丸めてリースに。

 

空気が動くと香りが漂う。

 

厨房からの熱気の吹き出し風が当たる壁は、

さながらドライフラワー製造所。

 

これからやってくる冬の季節の彩に。

 

去年の暮れからぶら下げていたオレンジは、

いつのまにかぼろぼろになっていた。

1年間ありがとう。柑橘系の香りに癒されていました。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 11:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ガーデン終盤「じゃがいも掘りました」

座布団1枚くらいの土に植えた、春先に食べきれなくて芽が出てきたジャガイモから、

これだけのジャガイモが収穫できたのは上出来!と思う。

 

同じく座布団1枚の半分くらいの土に種まきしたニンジンも

こうして収穫できたのはやはりこれも上出来!と思う。

 

 

ひと雨ごとに寒くなる。

雨も台風みたいに強い雨が多い。

 

ここらで芋ほり、にんじん掘り、

掘りきった。

 

 

 

シュウメイギクも満開。

下にイヌサフランも満開。

 

雨降りばかりで草取りが追い付かなくなった我がガーデン。

コスモス、ナスタチウム、アサガオ、唐辛子、

まだまだ蕾がたくさんの菊。

自然よ、草花よ、ありがとう。植物は哲学、とわたしの人生にたくさんの気付きをくれたこの庭。

雪が降るまでもう少し。

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 16:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

菊が咲き始めました。

秋ですなあ。

 

この赤い菊は、

今年の春に、解体された母屋の庭から

「おっ、この葉っぱは菊だわ!」と小さな葉っぱの株で移植してきたもの。

 

やっぱり本当に菊でしたね、それも赤(#^.^#)

 

工房にももともと菊があって、

キッチンの壁にくっつきっぃのでもともと植えてあり、

それはもう冬も近くなってやっと白い花を咲かせ

その後ゆっくりとピンク色に変わりながら長ーく咲く・・・

という菊、今まだ固いつぼみです。

 

背が高く大木に育ったコスモスの下で隠れるように咲き始めた

元母屋の赤い菊。

 

もっとたくさん開いたら、

小さなブーケにしてみましょう。

 

季節外れのマーガレットもまた咲きそうですし。

まだまだお庭、楽しめそうです。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 02:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ニンジン

それにしても、初めて植えたニンジンが、

こんなに毎日立派なニンジンとして収穫できるまでになるとはね。

 

びっくりだわ。

3本198円で売れそう、って思っちゃう。

いやいや、完全無農薬だから1本200円でもいいのかも、とかね。

 

わたしはこのニンジンと

リンゴでジュースを作り、

朝、ごくごく飲んでのダイエットに励む。

 

肉を食べないと、美肌を作れないので、

肉もがっつりと食べる。

そんな時も、この人参で炒め物をして付け合せる。

肉じゃがにもカレーにもニンジンたくさん入れる。

ニンジンのカロチンは、

油で炒めるのが一番カラダに吸収されやすいからだ。

 

ニンジンしりしりはサイコーに良い。

 

明日は「人参しりしり」だ。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 02:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ミントの花

ミントの花。

 

 

スペアミント、アップルミント、ペパーミント

いろいろ植えても、交雑して結局みんなただのミントになってしまう

ミント。

 

茎のトップの部分が可愛いのでケーキやアイスクリームに飾るために

いつも芯を摘んでしまい、なかなか花が咲くに至らないのだけど、

 

初めてミントの花が咲いた。

 

シソ科だなーと改めて思う地味な花だ。

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 21:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

オニユリのムカゴ

台風で倒れた背の高い草花たちを起しながら、ふと見るとコレ。

 

なんだ?

 

 

オニユリのムカゴが取れたのでした。

 

根っこがでている。これが取れたんだー!!

 

落ちた先で根を張って成長し、

来年また花を咲かせる、と、思われる。

 

ユリは、百合根(球根)で増えるんだとばかり思っていた。

 

 

秋の台風で、倒れても、植物はちゃんと次に命をつなぐ準備がある。

すごいなーーーーーーー、と

どろどろになった庭に座り込んで根っこの出てるムカゴを撮りながら

感心しつづけるのだった。

 

 

※検索をしていたら・・・・オニユリ むかご 食べられる 、そうだ。なんとまあ(#^.^#)

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 20:58 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

カンタンの嫁取り争い歌合戦?

 

「リリリリリリリリリ」と繊細にキレイな声で鳴く虫カンタン。

 

「ルルルルル」とあらわすこともあるようだけど、

わたしの耳には「リリリリリリリリリ」と聞こえてくる。

 

 

ルピナスの葉とその後ろのルピナスの花、種ができた鞘に隠れて、

7匹前後のカンタンがいる。

 

ちゃんと写ってる写真だと、

ザワザワっって鳥肌立っちゃう人もいるかもしれないので、

 

あんまり虫が写ってないのをあげておく。

 

 

「うわ〜〜〜〜、なんでこんなにうようよいるわけ?!」って思ってみていると、

 

1匹が、

薄〜い羽を広げてふるわせて鳴きだした。

 

その横で、うしろを追いかけあう2匹や、

ぎゃくに追い払おうとする2匹や、

 

どれがメスでどれがオスだかわからないけど、

 

鳴いてる1匹はあきらかにオス。

 

別の場所からも

美しい音色が聞こえてくる。

 

誰が優勝するのでしょう、

嫁をとるために歌を競い合うオスのカンタンたち。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お庭のお客様

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 20:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リース作り〜カモミール編〜

ジャーマンカモミールのリース。

 

 

これはまだ元気があるカモミール。

このあと、お花が終わって、カサカサに渇いてきた、つまり枯れてきたカモミールを

束で切って、まあるくまとめてリースを作る。

 

こんな感じ。ちなみに右端は山芋。

左端がカモミールを輪にしたの。その右にバジルの種を採ろうとしている鞘があって、

その右横にお花が終わって萎れたカモミールの枝。これを結ぶヒモ代わりに使う。

 

これね。結ぶのは運が良ければ。たいてい結んで力を入れたとたん、プツンと切れてしまう。

慎重にやればうまく結べる。

 

こんな感じね。

 

タンポポやシロツメクサで花輪を編んだ記憶を

ちょっとずつ織り交ぜながら輪にして、

はみ出た枝の先端やお尻の部分をうまいこと巻き込みながら、

 

どうしようもなかったら、麻紐や細い縄のような自然素材のリボンやヒモで結んだりしながら、

 

 

なんとなぁくまあるくなれば、

ナチュラルリースの出来上がりだ。

 

玄関の壁に吊るしたら、

玄関開けたら、いい香り。

 

よくカモミールはリンゴの匂い、っていうけれど、

 

これってリンゴの匂いなの?って

リンゴってこんな匂いだった?って、思うけど、

 

リンゴじゃないにしても、

甘くていい匂いが、玄関開けたら漂う。

 

ちょっと幸せ。

 

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 16:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

リース作り〜山芋編〜

山芋のツルで作ったリース。

 

 

作った、というほどたいそうなものではなく、

最初っからほぼ巻いた状態だったのをはずしてきて、

ぶら下げる紐を付けただけだ。

 

ぶら下げる、ヒモ。

 

山芋は、抜いても抜いても、毎年たくさん土から芽が伸びてきて

いつの間にかうっそうと茂り、

下手すると、壁伝いに軒下まで入り込む。

 

自分の茎にじぶんのツルが巻きつき、を繰り返して上へ上へ、

横に上にと伸びて行き、

秋の終りには、小さなムカゴをたくさん実らせ、

ザルいっぱいに収穫したムカゴでわたしはムカゴご飯を炊く。

 

リースは、カサカサに枯れた葉と茎を丁寧にはずして、

その流れに逆らわないように巻いてまとめれば出来上がり。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 15:24 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ