バターナッツかぼちゃのグラタン

 

バターナッツ、というカボチャをいただき

「何か作って」と言われたので考えて・・・・

 

この細長い形状から、輪切りにしてチーズを乗せて焼いたらどうかしら?

 

から発展させてグラタンにしました。

 

輪切りにして、

(あ、この部分に種は無いのね、と気が付く

 種も無ければワタも無いのだね、)

ラップをかけて電子レンジ加熱し

中をくりぬく。

 

くりぬいたカボチャに、

炒めたタマネギとひき肉を混ぜ、

コロッケのような感じ

牛乳を加えてグラタンソースの固さと味付けにしたら

 

くり抜かれたカボチャの枠の方に詰め

 

ピザ用チーズとマヨネーズ

ブラックペパーとバジルを振り掛け

 

 

オーブンで焼くと、こんな感じ。

 

マヨネーズの酸味、ピザチーズのとろ〜り

中の味が付いたカボチャも、

器になってる味無しのカボチャも

崩しながらいただけます。想像以上に美味しい。

 

バターナッツ、という名前はいかにもこってり濃いイメージだけど

通常の煮物に使うようないわゆるカボチャと比べてみれば、

 

甘くないし、ホクホクもしてないし、

なんというか、蛋白な感じ。

 

なので、チーズやマヨネーズを加えてちょうど良いような気がします。

 

バターナッツ、

なかなかスーパーで見かけることはないけれど、

見かけたら試しに買って食べてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 23:19 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ブラウントラウトの香草焼き

 

釣ってきたオサカナをいただいた。

袋をのぞくとフキの葉っぱに包まれて保冷剤を下敷きにして入っていた。

 

オレンジ色の水玉模様だ(#^.^#)

へえええ、あなたはだあれ?

真ん中の子だけ、口を「ん!」って結んで

ここにいることが不本意だと言いたげだ。

 

 

その名を「ブラウントラウト」というらしい。

14~18センチくらい?の

なんとも可愛らしいピッカピカのヌルッヌルのいい子ちゃん。

 

川魚(かわざかな)だから臭いよ

と聞いたので、

 

開いて、塩してちょっと置いて、

天板に並べ、

オリーブオイルとローズマリーと青紫蘇のペーストと

スライスアーモンドを振り掛けて

250℃のオーブンで焼いた。

 

ぜーんぜん!臭くないよ、

それどころかこりゃイタリアンだな(#^.^#)

 

とっても美味しくいただきました。

 

初めてのブラウントラウト。

 

トラウトって、鱒(ます)って意味だそうです。

マスならサーモンピンクのお魚って勝手に想像していたら、

白い身でしたね。

この年になってもまだまだ「初めて」がたくさん。

生きてて良かったな、と思える小さなできごとがまたひとつ。

 

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 02:49 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

いろーんなジャガイモの煮物

おはり子さんにもらった新篠津のジャガイモ、

まりやちゃんにもらった月形のジャガイモ、

大塚さんにもらった、大塚さんももらったジャガイモ、

うちで採れたジャガイモとニンジン、

嫁っちにもらったササゲ、

たくさん冷凍してある小さいハンバーグほどの大きさのミートボール

 

これらを、お醤油ベースに梅干しを砂糖漬けにした際にできた

酸っぱしょっぱ甘い汁を入れて

煮た煮物。

 

すっごく美味しい!

 

特にこのサツマイモみたいなジャガイモ!

栗みたいなジャガイモ、

白くてホクホクな男爵、

そしてまた、ササゲがいい仕事をしております。

ササゲ!美味しい!

たっくさん煮たのに、

食べた!

おなかポンポコポンだ。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 23:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ベビーサラダとニンジンのフレッシュサラダ

今朝の収穫、

ニンジン、ズッキーニ、バジル、ベビーサラダ、チャイブ。

 

それらを全部使って、フレッシュサラダ。

梅を漬けたときの梅酢と、オリーブオイルをかけて

モリモリ食べよう。

朝だもの、モリモリ食べて元気に動こう。

 

ベビーサラダ、

随時収穫して、全部無くなったらまた種を蒔いて、

このくらいに成長したら、間引きも兼ねての収穫をして、の繰り返し。

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 09:21 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

デトックスと美肌ダイエットにトマトのスープ

家庭菜園で採れた完熟トマト、食べきれないほどたくさん収穫できたら、

やった!これでダイエットしよう!

 

トマト大量消費も兼ね、

デトックス、美肌、健康ダイエットのトマトスープ。

 

完熟トマトを煮込むので味が濃くて

塩はもちろんアミノ酸系の調味料、固形コンソメのようなスープの素など

入れず、

トマト大玉なら2個、中玉で3個が一人分。

他に、ズッキーニやパプリカ、ナスなどの夏野菜も彩りに入れ、

 

いくらダイエットしていても、

お肉など動物性たんぱく質は必要。

良い血を作らないと元気が出ないし、血が廻らないとお肌がキレイじゃ無くなる。

 

 

わたしは今このスープで健康ダイエット中。

 

 

ポイントは、

めんどうでもトマトの皮を湯剥きすること。

 

ミートボールとか小さいハンバーグを作ったら、焼いて冷凍しておく。

その都度作ると、作り過ぎる→つい食べ過ぎる。で、焼いて冷凍しておく。

それが面倒なら、ウィンナーでもよろしいかと。ただ既製品は塩分が想像以上に多いらしいのでそこ、注意。

 

トマトを火にかけながら、ぐじゅぐじゅとつぶす。

 

沸騰したとこで他のお野菜入れたら火を弱めてちょっと煮込む感じ。

 

仕上げに乾燥バジル。

ちなみにこのバジルは、うちで収穫したバジルの葉っぱを乾燥させた。

市販品と遜色ない、それどころか、すばらしく良い香り。

 

器に盛りつけてから、自家製乾燥バジルを多目にかけて、

食べる時には混ぜると、大きい葉っぱは生っぽく戻るからそれも楽しい。

食べてみて、ほんとに足りないと思ったら、

塩でも酢でも足せばいいと思うけど、

家庭菜園の完熟し過ぎのトマトなら、たぶん何も入れなくても美味しいはず。

 

これが、

冬場のスーパーで売ってる、青いうちに収穫して出荷、搬送、スーパーに並ぶその間に赤くなったようなトマトだと、話は別。

でもまあ、入れるのであれば、塩じゃなくてお酢の方が良いのではないか、と考える。

 

 

 

けっこうデトックスしてるっぽいウンチがでる。

腹もちもよく食べた満足感有り。

ダイエットしてるというストレスなく過ごせてると思う。

 

あと4キロほど落としたい。

 

 

【材料 1人分】

完熟トマト 大玉2個

ミニハンバーグやウインナーなど 2〜3個

パプリカ、ズッキーニ、ナスなど お好みで

乾燥バジル粉末  大さじ1程度

 

【作り方】

1、トマト湯剥き

2、鍋に入れて火にかけつぶしながら出てきた果汁で煮る。

3、肉類入れて中まで火を通す

4、他の野菜入れて、トマトを煮詰める。

5、器に盛り付け、乾燥バジルをふって出来上がり。

 

 

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

あちこちで収穫はじまり、初物トウキビ

オノベカのまりやちゃんが、月形で収穫してきたジャガイモ。

ごろごろジャガイモ、ホクホク塩ゆで、

豚肉やササゲと煮たら美味しいだろうなあ。

 

 

工房の町内会の班長さんが

毎年栽培して、その場でもいでくれたトマト。

毎日トマト食べて暮らしたら健康美肌でダイエットできそうだ。

 

と思っていたら、

おはり子さんがトウキビ持って来てくれるとの連絡が!

 

 

トウキビの前に、

おはり子さんの実家、新篠津で弟さんご夫婦が農業とは別に

お楽しみで作っているという「いろーんなトマト」品種名ちゃんとあるだろうに。

イチゴの形が可愛らしい。いろんな味。

 

さらに朝もぎスイートコーンもいただいた。初物。

 

緑のコートを着た長髪の、ロックンローラーみたいだ。

 

朝もぎの、鮮度が落ちないうちに即茹でよう。

 

きれいな実がぎゅっと揃って先端までキレイに並んでいる。

立派なスイートコーンだこと。

 

ちょっとだけ味見。なんと甘い!

 

ゆでたトウモロコシと、

ジャガイモ、トマトを少しずつ小分けして、

 

あちこちおすそ分けに行った。

 

行ったその先で

長男の嫁からは、十勝のササゲをもらい、

大きくなあれ。

 

 

仲良しおばあちゃん大塚さんからは、ジャガイモとキムチをもらい、

(ジャガイモは重なったけど種類違うしぜんぜんOK!大歓迎!)

 

実家からは、エビチリもらって、

 

またしてもわらしべ長者的おすそ分けとなった。

あちこちで、「久しぶり、元気だった?」と話をし、

採れたもの、もらい物の横流し?おすそ分け。

 

これまた、楽し。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 08:06 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

人参とチャイブの炒め物

工房ガーデンの収穫物。

向こうの細っこいのがチャイブ。

手前はベビーサラダがベビーじゃなくて大人になっちゃった菜っ葉。

ニンジン。

唐辛子。

 

 

キレイに洗ったらみんなベッピンさん。

スムージーにして一気飲みしようかしら、と思ったけれど、

今日は、

 

 

これ、唐辛子の葉っぱ。これを食してみたいので、

炒め物にします。

赤い唐辛子も、青い唐辛子も、ウンギャッ!って言うくらい辛い。

葉っぱはどんなもんかしら、これは中ぐらい。

若いの、いいだけ濃い緑になったの、いろいろいるので

葉っぱの辛さを確かめたい。

 

こんな。

上にかかってるのはホワイトペパー。

味付けは少量の梅酢で。

 

チャイブはネギみたいな見栄え通りネギの味。

チャイブだと敷居が高いけど、小ネギやアサツキと思えば使いやすい。

 

菜っ葉はちょっとクセがあり、

にんじんは上品に甘い。

唐辛子の葉っぱはさほどでもなく。

 

 

ニンジンがこれからどんどん収穫できる予定なので、

きっと毎日ニンジンかと。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 14:30 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

孫の誕生日に稲荷寿しケーキ

孫っち2歳のお誕生会。

 

稲荷寿しを5号のケーキ型に詰めて作った

稲荷寿しケーキ。

 

チキンと玉ねぎ、とびっこのバージョンと

 

 

スモークサーモン、アボカド、クリームチーズのバージョン。

 

 

 

イチゴと生クリームのケーキは次男が甥っ子のために作ったバースデーケーキ。

 

わたしからのプレゼントはレゴの大きい版、レゴデュプロ

 

2歳から乗れるバランスバイク、

プラレール、

みんな頭を捻ってプレゼントを用意していました。

知恵比べみたいでこっちも楽しかった。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【報告】ココカラキレイの食事会17-8月例会

017年8月のココカラキレイの食事会

例会はメニューを急きょ変更し、外でバーベキューを

行いました。

 

 

肉あり、魚介あり。

 

 

オナカがいっぱいになり、脱落したものあり、

語り合うおじさんあり、

 

残った食材で暗闇の鍋。

「なんで人参が入ってるんだよ?」

「あ、これズッキーニだわ」

 

用意した食材完食。

 

花火も買っておけばよかった。

そんな夏の終りの夜。

 

 

また機会がありましたら。

 

コットンチューリップの食事会は

美味しいご飯と元気で綺麗な体をつくる研究会

毎月第三土曜日に開催です。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 13:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

昆布の佃煮

 

わたしは、今日、お盆休みの初日です。

何をしていたか、というと、

 

まず、バードテーブルを工房の建物の横から、

桜の木の横に移動させ、しばらくスズメ観察、

リビングの窓からバードテーブルが見えるようになった。

スズメ、千客万来。

その後、自分メンテナンス(#^.^#)

入念に、

美白美容液と保湿クリームを肌に入れたあと、

カッサで頭のてっぺんから足のつま先まで

さすったりツボを刺激したり。

すごいですねー、目の下のクマは消え、

お肌がプルルンしてきました。

それからDVD横目にヨガのポーズをして、

 

そうして、

 

写真の昆布の佃煮を作りました。

 

昆布のおにぎりが食べたかったんです。

だから、

昆布の佃煮は、お店に売ってるのみたいに、

甘くてしょっぱくて、ベタベタするくらいに甘くを心掛けて作りました。

 

予定通り、

甘くてしょっぱくて、甘すぎるくらいのベタベタお砂糖が綿菓子みたいに糸をひく、

売ってるみたいな、

昆布の佃煮ができました。

 

 

それと並行して、

オーブンを分解してお掃除。

 

それが、まだ終わりません。

焦げ付きの上に焦げ付いて、その上にまた焦げ付いて。

なので、そんじょそこらのゴシゴシでは

焦げ付きが落とせません。

セスキに漬けたり

ナイロンたわしでこすったり、

いろいろやって、

もうあと、ちょっとなんですけどね。

まだ終わってない、ってのが現状です。

 

それと並行して、

換気扇も分解してお掃除。

こっちは完了。

 

なんたって、

暮れのお掃除をしていませんから。

ってか、年末年始はお掃除の余地がないくらい

忙しいのがお菓子屋の常ですから

 

このお盆のヒマな時に少しずつ少しずつ

工房はメンテナンスしとかないと、

です。

 

 

 

昆布の佃煮、美味しくできました。

炊き立てのご飯をホッホホッホ、オニギリにして

海にでも行きたい気分です。

 

あんなに暑かった7月。

8月もお盆になれば肌寒いくらい。

 

秋がすぐそこに居ますね。

 

 

◆昆布の佃煮

乾燥昆布 1本

鰹節

ゴマ

砂糖(ざらめ)

醤油

麺つゆ系のツユを少し

 

昆布を水でもどしておく

切って

圧力鍋で4分自然冷却

砂糖入れて4分自然冷却

酢としょうゆ入れて4分自然冷却

ふた開けて、鰹節とゴマ加え、水分無くなるまで。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 21:55 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ