美味しいトマトのサラダ

今年も実家にトマトが届いた。

母の友達が七飯町で作るトマト。

「届いたから取りにきなさい」メールをもらい、

早速もらってきたトマトは、

やっぱりそのままで美味しい。今年は幾分小粒。

 

さっそくサラダ。

漬けていたウドのピクルスを切って

混ぜただけ。

 

特に調味料やドレッシングなどの類は無し。

 

それでも、

これだけで美味しい。

 

 

2009年のトマト http://cottontulip.jugem.jp/?eid=749127

2010年のトマト http://cottontulip.jugem.jp/?eid=821876

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 23:33 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

山菜採りのおすそ分けでいただいたウド・フキ

先日いただいたウドとフキがまだまだあるので、

今日も天ぷらと、蕗の煮つけと、ウドの甘酢。

 

全部を大なべで5人分×3食分くらいつくりましたが、

 

まだまだあります。

 

 

いくらなんでも、通常の感覚では「もう食べきれない」ってなっちゃうところ。

最後はピクルスにしようと思っています。

 

できれば山菜採り、自分が食べ切れる分だけ採ってくることをお勧めします。

少しだけいただけたなら、もっとありがたく

皮までキンピラにして最後まで食べつくしたと思うのですが、

今回は全部の皮をキンピラにする時間と食べつくせる余裕がありません。

 

山菜採りに行って、おすそわけをくださる皆さんに言いたいことです。

おすそ分けはちょっとだけでいいです。

できれば下処理してから差し上げたほうが喜んでくださいますよ。

 

きっとねえ、

山に入ると、たくさんのウドがあって、

ぜーんぶ刈り取って行かないとほかの人に取られてしまうような気になるんでしょうね。

わかりますが・・・

ぜーんぶたくさん採ってきたら、たくさんの人に分けてあげましょう。

あなた一人が食べきれないということは、

もらった人も食べきれないということですよ。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 08:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ウドの天ぷら・フキのキンピラ風

ウドの天ぷら。

葉っぱがついた先端の部分。

 

フキのキンピラ風。

薄味でさっと仕上げた。

 

今日はとりあえずここまで。

まあだまだたくさんある。

 

それぞれ、一抱えを二つ分ずつくらい、

ダンボール箱からはみ出んばかりの収穫物をいただいた。

箱、持てないくらい重たいのに

よくぞ運んでくれた、ありがたい。

 

ほろ苦い山菜は、

デトックス効果があるという・・・いや、実は無いんだよ、とも聞く。

 

どっちでも良い。

講釈は要らん、

このほろ苦さが好きだ。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 21:22 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ナスと豚バラ肉のカレー

 

今夜はカレー

 

ナスと豚バラ肉の塊、人参、玉ねぎ、ニンニク、セロリ、

ガラムマサラのペースト

 

大きめに乱切りしたナスがとろっとろ、

豚肉もバラ肉の脂が溶けてとろっとろ、

その他みんなスープに溶けて、とろっとろ、

アッツ熱!

ご飯は、北海道産ななつぼし、

 

たくさん作ったので、

あさってまで、カレーだ。

 

夏こそカレー!ってコマーシャルがあった、

しっかり食べて、しっかり働こう。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 01:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

北海道っぽい春ごはん

イベント用の焼き菓子を一緒に作っているミツコさんからいただいた

旭川のアスパラ。

コールセンター同僚のケイコさんが石狩で釣って来て煮てくれた

ニシン。

近所の西川さんが当別で採ってきたフキの煮物。

 

 

太くて立派なグリーンアスパラ。

袴を取って塩ゆで。甘みがギュッと詰まってそれだけで美味しい。

 

炒め煮するサラダオイルを大目に入れたら

昨日のフキよりもこっくりと美味しく出来上がった。

繊維が硬いのでやっぱり圧力鍋の力を借りて。

 

下処理をしておけば、いろいろ使えるフキ・・・・と思っていたが、

もう、無いわ。

 

キンピラ系は意外と日持ちしない。

お弁当要注意、だいじょうぶ、と思っても痛んでる可能性有り。

汁けを飛ばしてしっかり冷やして。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 01:12 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

蕗の煮物と銅鍋「魔女のジャム鍋」

町内の班長をしている西川さんよりいただいた

蕗を

家宝の銅鍋「魔女のジャム鍋」で茹で、

皮を剥いて

水にさらしあく抜きをして、

お砂糖、お醤油、みりん、ちょっと酢と塩で

油抜きした小揚げと煮る。

 

 

太くて硬い蕗は、なかなか柔らかく煮えてくれなくて

しびれを切らし

圧力鍋に移動。

一抱えあった蕗の半分をたいらげる。

 

繊維質をとった満足感。

 

 

 

魔女の銅鍋は、本来ジャムやあんこやカスタードを炊くための鍋。

火の入り方が実にデリケート。

山で採ってきた太くて長い蕗を一抱え分、いっぺんに茹でることができるくらいデカイ鍋。

デカくて一般家庭用のガステーブルには乗らないくらいデカイ。

この鍋で夜中にジャムをかき混ぜてる図は、

やはり白雪姫や人魚姫に出てくる魔女のイメージだわ。

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 02:05 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

蕗のさっとキンピラ

蕗(フキ)のキンピラ

 

東側の日当たりの悪い窓下には

少しだけ京ブキが。

 

細くて柔らかそうで、皮むきは不要かな、

とサボりたい気持ちを押し込めて

しゅるしゅると皮を剥いた。

 

フキの皮むき、気持ち良くて好きなんだ。

しゅるーしゅるーって。

 

手がアクで、指の指紋まで黒くなるからゴム手袋必須。

 

ごま油と砂糖しょうゆ、それからお酢でササッと炒め煮。

しゃきしゃきに仕上げて、

鷹の爪白ごまトッピングすれば

完成。

 

 

もう一品「肉じゃが」

越冬ジャガイモ。良く寝た芋は甘くて美味しい。ほっくほく。

 

お肉は少しだけでも入れるとコクが違う。

肉を食べると力がつく。カラダにパワーをって時は

やっぱり肉だ。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 01:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

庭のニラで「ニラ玉」

ニラ玉

【材料 2人分】

ニラ 2把

卵  3個

サラダオイル 大さじ2〜

塩  適宜

砂糖 小さじ1

ハウスカレーパウダー顆粒 5振りくらい

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハウス カレーパウダー顆粒瓶45g
価格:397円(税込、送料別) (2017/5/1時点)

 

【作り方】

1.フライパンにサラダオイル大さじ1を熱し、砂糖小さじ1と塩一つまみを加えて溶きほぐした卵にを流し、大きくかき混ぜて大きめの炒り卵を半熟の状態で焼き、ボールに取っておく。

2.同じフライパンにサラダオイル大さじ1を熱し、洗って5〜6センチに切ったニラをさっと炒める。

3.1を2に入れて混ぜ、カレーパウダーを振り入れ、味を見て塩を加えて好みの塩加減に調整する。

 

 

できあがり。

 

疲れた時には、ニラです。

疲労回復に、さらにパワーアップをしたいなら、肉を足すです。

 

今回は、というかほとんどいつも、夕食の時間が夜9時過ぎなので、

パワーアップの必要無く、ニラと卵のみで作ってますが

すんごく美味しかったですよ!

 

 

今日、工房の回りの土いじりをしていました。

庭仕事とでも言いましょうか。

 

母屋の無き跡に残されたチューリップや水仙を、

放置しておくと、どんどん知らない人が掘って盗って行っちゃうし

それをまた放置していると、次に芽を出して咲こうとするお花たちも持って行かれてしまうだろうし、

それは、やっぱりわたしが、

咲かせっぱなし、咲きたいように好きなように放っておいたのにも

責任があるのではないか、

と心あらため、

 

「うちで、ちゃんとしてますから、ここにゴミを捨てていったり、

なんでもかんでも持っていかないでくださいね」感をアピールする意味でも

 

花の回りにブロックを置いたり、

植え替えをして1か所にまとめたり、

草取りをしたり、

わたしなりの

庭整備をしたのでした。

 

で、草取りをしながら、

ある草を刈ったときになんか、すごくニラ臭くて、

 

ってか、これってニラ?

 

そう言えば去年、この草に咲いた花は、白い・・・・

そう、ニラの花だわ、ってことは、

これってやっぱりニラだわ!

 

というわけで、

一掴み二掴み、刈り取って来ての

 

ニラ玉、

でした。

 

柔らかくって、

ニラ臭くって、

ニンニクみたいに辛くって、

 

とっても美味しいニラです。

花芽が出てくると、葉っぱも硬くなるので、そうなる前に、

どんどん食べようと思います。

 

まだまだ、工房の庭には、いろーんな草花野菜が生えてきます。

きっとわたしが知らないだけ。

知らなくて雑草と思って草取りしちゃってるのもあるはず。

今年はなるべく丁寧に見ていきたいと思っています。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 22:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ビール飲みおかずイタリアンな「ハーブ塩レバー」

みんなレバーって嫌い、ダメ〜って言うかな?

 

という心配よそに、みんなが美味しいと食べてくれた。

 

「週末はザ・プレミアム・モルツと肉料理でちょっと贅沢に愉しもう♪」

企画で、ビール片手に、ハーブ塩レバーを作った。

オレガノとオリーブオイルでイタリアンな感じ。

 

 

 

呑べぇさんは、レバーが好きなのか?

そうじゃなくて

コットンに集まる食いしん坊さんは、

どんな食材も、美味しいかも?ってまずは食べてみて

美味しかったら「美味しい!」、残念だったら

「こんなふうにしてみたら?」

と発展させる、素敵集団なのかも。

きっとそうに違いない。

 

材料

鶏レバー 250g

塩    小さじ1

オレガノ 小さじ1

オリーブオイル 大さじ1

 

作り方

1・鶏レバーは洗って黄色い脂肪や筋を取る

2・たっぷりの水に10分つける

3・水を取り替えて10分つける

4・大きめの鍋で茹でる。火が通ったら水を切る

5・塩とオレガノをまぶし一晩(6〜8時間)おく。

6・食べる時に薄く切って、オリーブオイルをかける。

 

プロセスチーズ添え。

他に玉ねぎスライスとかも良いです。

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 10:54 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【スパイス】ブロッコリーとカシューナッツの柚子こしょう炒め

和のスパイス、柚子胡椒。

ハウスの製品「粗切り柚子こしょう」を使って簡単にできるおかず。

 

この粗切りシリーズの商品、柚子こしょう、しょうが、わさび、

いずれも塩味がちゃんとついていますので、他に塩など調味料無しでも良いとわたしは思いますよ。

 

 

今回のブロッコリーとカシューナッツの柚子こしょういためは、

炊き込みご飯に合う、と思います。

時々、刻まれた柚子が口の中に広がります。

 

わさびの辛さをカシューナッツでマイルド感出します。

【材料 2人分】

ブロッコリー小房 2房

カシューナッツ  30g粗く刻む

冷凍エビ     30g

本刻み粗切り柚子こしょう 小さじ1〜2で加減

サラダ油     大さじ1

 

【作り方】

1・ブロッコリーは食べやすい大きさに房を小分けし、茎は皮を剥いて切る

2.1を軽く茹でておく

3・カシューナッツをサラダオイルで炒める

4・3をを鍋の端に寄せ「本刻み粗切り柚子こしょう」を入れて油となじませる

5・エビを加えて炒め、ブロッコリーも加え全体を混ぜてできあがり。

 

【コツとポイント】

※カシューナッツはクルミなど別のナッツでも可。

少し焦げ色がつく感じに炒める。

 

※粗刻み柚子こしょう

味を見て、塩気と辛さを確認の上、加減して入れましょう。 

 

ブロッコリーの房にしっかり味を絡ませましょう。

 

出来上がり、

鶏ももご飯と。

鶏ももご飯には、

本刻み粗切り生しょうがをたっぷり乗せて。

 

ワンプレートで赤いミニトマトを添えて、

ランチもいいと思います。

 

 

春の和食料理レシピ
春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 20:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ